HTML

【超入門】図解付き!HTMLの作成からブラウザでの動作確認まで

学習前の段階
学習前の段階

どうやってHTMLファイルを作成すれば良いのか分からない。

学習始めたばかり
学習始めたばかり

作成したHTMLを確認するにはどうすれば良いのかわからない。

今回の記事は上記のような悩みをもった方に向けて解説していきます。

この記事を読むことで次の内容がわかるようになります。

この記事でわかること
  • HTMLファイルを作成するまでの流れ
  • 作成したHTMLファイルをブラウザで確認するまでの流れ

HTMLの構造や、HTMLで出来ることを知っておくと、今後のHTMLの学習の効率が良くなるので、以下の記事も一読することをオススメします。

あわせて読みたい
【入門】HTMLの構造を基本から理解する【初心者・未経験者向け】HTMLがどのような構造で作られているか?htmlタグ、headタグ、bodyタグの役割はなんなのか?今回の記事はこれからWeb開発を学ぼうと思っている人、HTMLの基本的な仕組みを知りたい人が学習する際に最初に知っておくと良いことをまとめています。...

それでは、次の内容で話を進めていきます。

この記事の内容
  • HTML作成のための開発環境の準備
  • HTMLの作成までの流れ
  • 作成したHTMLを確認するまでの流れ

HTML作成のための開発環境の準備

次の章以降で、実際にHTMLファイルの作成と、作成したHTMLファイルをブラウザで確認するまでの流れを図を使って解説してきますが、その前に開発環境の準備が必要です。

図で利用する開発環境は次のとおりです。

利用する環境

既に用意されているお好み環境があれば、次の章以降で説明では適宜お使いの環境に合わせて読み替えていただけたらと思います。

「これから始める」、もしくは「同じ環境で始めたい」といった方は、以下の記事を参考に開発環境を用意してください。

あわせて読みたい
開発環境の準備「Web開発」の開発コンテンツ内で利用する開発環境を紹介しています。基本的にはお好みの環境で開発していただいて問題ありません。しかしブラウザの種類や環境の違いによって、学習コンテンツと同じように動かない可能性もあるので、まだ開発環境を用意していない方は合わせていただけると無難です。...

HTMLの作成までの流れ

この章ではHTMLファイルを作成するまでの流れを順に置いながら画像を使って説明していきます。

HTMLの保存先ディレクトリを作成する

HTMLファイル保存先ディレクトリの作成HTMLファイル保存先ディレクトリの作成

ディレクトリ」という言葉を聞いたこと無い方に説明しますと、「ディレクトリ」とは「フォルダ」のことだと認識してもらって大丈夫です。

以下の記事でもディレクトリとは何かについて説明しています。

あわせて読みたい
知っててあたり前!!会話で使われる技術用語パート1エンジニアがよく使っているけどいまいちよくわからない方に向けて、つよぽんが詳しく解説。Webディレクターのみゆきと別業界からエンジニアに転身を考えているまことと一緒に勉強しよう!...

今回はHTMLファイルを作成するので、その作成するHTMLファイルをどこに保存するかあらかじめ決めておく必要があります。

決めておかないとどこにファイルを作成したかわからなくなってしまうためです。

上の画像ではデスクトップに「practice_html」という名前でディレクトリを作成しましたが、ディレクトリの作成場所とディレクトリ名はお好きに決めて問題ありません。

エディタを開き、作成したディレクトリを選択する

エディタを開き作成したディレクトリを選択エディタを開き作成したディレクトリを選択

ディレクトリを作成した後は、そのディレクトリ内にHTMLファイルを作成するためにまずはエディタを開きます。

エディタを開いた後は、上の画像に従って作成したディレクトリを選択してください。

前の章でもお話したように、今回はエディタにVisual Studio Codeを利用しています。Visual Studio Code以外のエディタの場合も同じようなやり方でディレクトリ選択出来るかと思います。

ディレクトリ選択後は以下の画像のようになっていればOKです。

作成したディレクトリを選択した後作成したディレクトリを選択した後

HTMLファイルを作成する

新規ファイルを作成する新規ファイルを作成する

ここでHTMLファイルを作成していきます。

上の図の①で黄色枠内部分を右クリックするとメニューが表示されます。

表示されたメニューの一番上(②)のNew Fileを選択してください。(日本語環境では「新規ファイル」のような表現になっていると思います。)

上の画像の②の「New File」を選択すると、下の画像の赤枠部分で文字が入力できるようになるので、そこに「index.html」と入力してエンターキーを押してください。

New File選択後New File選択後

ここまで完了した段階で、先ほど作成したディレクトリ内に「index.html」ファイルが追加されました。

HTMLファイルの中身を記述する

htmlを記述するhtmlを記述する

「index.html」ファイルを作成したら、今度はファイルの中身を記述していきます。

以下のhtmlを上の図の赤枠内に記述してください。

上のコードの「<html>」「<head>」「<body>」などの意味を知りたい方は以下の記事を参考にしていただけたらと思います。

あわせて読みたい
HTMLの構造を理解するHTMLはこれからWeb開発を始めようと思っている人は必ず理解して置かなければいけない分野となります。HTMLのコードの書き方を学ぶ前に、そもそもHTMLはどのような構造で成り立っているのかを理解することで今後の学習効率が上がるので基本から一緒に学んでいきましょう。...

上のコードを記述してファイルを保存したらこの章で行うことは完了です。

作成したHTMLを確認するまでの流れ

前の章で作成したindex.htmlの内容をブラウザで確認するまでの流れを順番に画像を使って説明していきます。

作成したディレクトリの中にあるindex.htmlを選択する

作成したindex.htmlファイルを選択作成したindex.htmlファイルを選択

上の図はエディタから離れて、先ほど作成したディレクトリの中のファイルを確認している画像です。

この「index.html」にマウスカーソルを合わせてダブルクリックするとブラウザが開き、先ほど記述したhtmlの内容にしたがってWebページが表示されます。

しかし、パソコンの設定によってはファイルをダブルクリックしても意図したブラウザが開かない場合があります。

その場合は以下の画像のように、次の順番で対応すると意図したブラウザで開くことが出来ます。

  1. index.htmlファイルを右クリック
  2. このアプリケーションを開く
  3. 使用するブラウザを選択する
ダブルクリックでブラウザが開かない場合の対処方法ダブルクリックでブラウザが開かない場合の対処方法

WebブラウザでHTMLの出力内容を確認する

作成したHTMLファイルの内容をブラウザで確認作成したHTMLファイルの内容をブラウザで確認

index.htmlを選択してブラウザを開くと上の画像のように入力した内容がブラウザ上に表示されているのがわかります。

headタグ内のtitleタグの内容は①のタブの部分で表示され、bodyタグ内のh1タグの内容は②で表示されています。

以上までで、HTMLファイルの作成からブラウザでの確認までの流れを説明しました。

まとめ

ここまで話してきた内容をまとめると以下のとおりです。

この記事のまとめ
  1. HTMLファイルを作成する前に、HTMLファイルを保存するディレクトリを作成する
  2. エディタを開き、①で作成したディレクトリを選択する
  3. index.htmlファイルを作成して、htmlのコードを記述する
  4. エディタから離れ、index.htmlを選択するとブラウザが開き、index.htmlで定義されている内容がブラウザで確認できる

今回の内容は以下の記事のスライドの一部を図(画像)として利用しました。スライドの全部を確認したい方は以下の記事も参照して頂けたらと思います。

あわせて読みたい
ローカルでHTMLを作成してブラウザでWebページを表示するどのようにしてHTMLファイルを作成するか、作成したHTMLをブラウザで確認するか知っていますか?HTMLの学習を始めようと思った時に、これらを理解していないと学習を始めることが出来ません。この記事でHTMLの作成・確認方法を解説します。...
【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTAにて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、「【学習コンテンツ】Web開発」と「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材を使って学習を進めていただきます。

【学習コンテンツ】Web開発」に用意している学習コンテンツのスライドも「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材をベースに作っています。

あわせて読みたい
【初心者向け】The Web Developer Bootcampはじめに 「The Web Developer Bootcamp」はWeb白熱教室の「学習コンテンツ」のベースとなっている教材です。 ...
あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Udemyの教材や、Web白熱教室の学習コンテンツを使った学習プランの提示 (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 教材・学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)

その他注意点

1人で対応していることもあるため、対応が難しくなった場合は急遽募集を終了する可能性もあることをご了承ください。

もしくは、僕以外にメンターを増やすことで募集を継続するということも考えているため、その場合は現在のプラン料金の値段を上げることなると思います。

仮にプラン料金を上げる場合は、『現在のプラン料金 × メンター人数』の料金になるかと思います。

現在の値段が5000円なので、1日1本ペットボトルジュースを買うのを我慢することで(約160円)、効率よく学習できるので費用対効果はかなり高いかなと自負しています。

また、今後メンターが増えて、プラン料金が10000円15000円と上がったとしても、月々の料金は申し込んだときの料金となるので、5000円のときに契約した場合はずっと5000円で受講することができます。

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です