HTML

【課題付き】学習してきたHTMLを練習問題で定着させる【学習目的の再確認含む】

こんにちは、つよぽんです。

今回は実際に手を動かしてHTMLの基本知識を定着させることを目的にした記事となります。

この記事の想定読者は次のとおりです。

想定読者
  • これからHTMLの学習を始めようと思っている人
  • HTMLの学習を始めたばかりの人

練習問題は以下の記事から確認することが出来るので、今すぐ課題に取り組みたい方は以下のリンクから早速課題ページにアクセスして取り組んでいただけたらと思います。

これからHTMLを学び始めようと思っている方も以下のリンク先に、課題を解決するための学習コンテンツのリンクが貼ってあるので、そちらで課題解決に必要な知識を学習することが出来ます。

あわせて読みたい
【エクササイズ】ここまで学んできたHTMLの復習その1ここまで学んできたHTMLの復習のために課題を出します。この課題をクリアして今まで学んできた内容を定着させましょう...

最終的には課題に取り組んでもらうのがこの記事の目的ですが、あらためて、技術を定着させるのに必要なことについてこの記事で話していきます。

今回の内容は以下のとおりです。

今回の内容
  • 学習プランを立てる重要性
  • 技術を定着させるには手を動かすことが必要

学習プランを立てる重要性

いきなりですが質問させてください。

あなたはなぜHTMLの学習をしているのですか?

Webエンジニアとして働けるようになりたい。そして最終的にはフリーランスエンジニアとして活躍したい。

エンジニアではないけど、簡単なWebページの修正くらいであれば僕の方で対応できるようにしたい。

このような回答であれば、HTMLの学習を続けても問題ありません。というのも、HTMLを学ぶ目的がハッキリしているからです。

逆に次のように考えている人は少し危険かもしれません。

スマホアプリを作れるようになりたい。

とりあえずHTMLが出来るようになったら家でもお仕事出来るかなー

これらの回答がなぜ危険なのか説明していきます。

目的を実現するための手段が間違っている

さきほどは「スマホアプリを作れるようになりたい。」と例に出しました。

スマホアプリを作る場合は、HTMLではなく「Swift」「Java」など別のプログラミング言語を使います。

あわせて読みたい
【完全未経験者向け】プログラミング学習方法【始め方編】
【完全未経験者向け】プログラミング学習方法【始め方編】プログラミングに興味はあるが何から始めたら良いかわからない方に向けて書きました。この記事を読むことで、効率よく短期間でプログラミングを身につけるための準備を始めることが出来ます。...

なので、もしスマホアプリを作ることが目的であるので、HTMLを学習したら全く違う方向に進んでしまい、このままだとスマホアプリを作れるようになることは一生ないでしょう。

百歩譲って、PHPRubyなどのスマホアプリ開発用ではないプログラミング言語の学習をしたとしても、遠回りになりますが最終的にはスマホアプリ開発が出来るようになるでしょう。

というのも、どのプログラミング言語基本的な動きは同じで、多少の文法の違いはあれど似たような書き方をするプログラミング言語が多いです。

どのプログラミング言語も文法は似ているという内容は以下の記事でも書いているのでそちらも参考にしていただけたらと思います。

あわせて読みたい
【一点突破】1つのプログラミング言語で中級エンジニアになる方法まずは1つのプログラミング言語に集中して取り組み、得意な言語と言えるまでその言語に集中するべき理由を解説。1つのプログラミング言語に集中することで、プログラミング以外の言語を超えた汎用的なスキルを身につけて新しい言語を学ぶ際の学習コストを下げましょうというお話。...

しかし、HTMLはプログラミング言語ではなく、マークアップ言語と言われるものです。

マークアップ言語の説明に関しては、以下の参考記事を参考にしていただければと思います。

プログラミング言語ではないということは、つまりプラグラムを書くことが出来ないということになります。

HTMLは入力した文字や、画像などをWebブラウザ上に表示する機能しか持ちません。

なので、「スマホアプリを作れるようになることは一生ない」と言ったのは、プログラミング言語でも無いしWebブラウザでしか動かないからです。

資格取得のような感覚で勉強しても時間の浪費になる

いろいろと資格取得に向けて勉強した・している方はたくさんいるのではないでしょうか?

その中でも特に「とりあえず資格があれば色々可能性が広がる」という理由で資格勉強している・していた方に対して質問させてください。

取得した資格を活かした仕事で働いていますか?」

もちろん、資格を活かした仕事をしている人もいますが、資格は持っているけど全く使わない人も多いのではないでしょうか?

もっというと「資格コレクター」となっている人は、資格取得のためにたくさんの時間を費やしてきたことになります。

  • 資格を取得したけど実際の仕事で活かせていない方
  • 資格コレクターとなってしまっている方

これらの方に共通する点は「とりあえず資格を持っていれば…」という考え方だと思います。

この「とりあえず」という考え方は、HTMLの学習含めて、プログラミング言語の学習のときに「挫折」してしまう要因となってしまいます。

資格勉強などの座学のみで完結する学習であれば、「とりあえず」勉強していれば、それなりの点が取れて資格取得できることでしょう。ただしそれはあくまでも「資格取得」が目的になっているのだと思います。

しかし、開発スキルの場合は次の章でも述べますが、座学だけでは身につきません

本やサイトで学んだことを実際に手を動かして試しても、うまく動かない場面がたくさん出てきます。

初心者のときでは、1つの問題を解決するのに何日・何週間とかかることもしばしば見られます。それどころか、どれだけ時間をかけても全く解決できないこともあります。

このように、苦しい場面にたくさん遭遇するので、目的を持って学習を始めても「挫折する」人はたくさんいます。

目的を持って学習を始めた人が挫折する確率よりも、「とりあえず」のように強い目的を持たず学習を始めた人のほうが挫折する確率が高いのは言うまでもありません。

HTMLに限らず技術系の勉強を始める際には、目標やゴールを定めた上で学習開始することをオススメします。

技術を定着させるには手を動かすことが必要

プログラミングをする子ども

なにごともそうですが、学習した内容は実際に使わないと定着しません。

身近な実践しないと身につかないスキル例

次のようなものも座学では上達しない一例です。

  • 英会話
  • 自転車に乗る
  • スポーツで上手くなる

英語の場合は、英語の文法や、リスニングでどんなに勉強しても、実際に日常会話をすることは難しいことでしょう。

実際に英語を話す場面になったときに英会話に慣れていないと、頭の中で英文を作って、話すという感じになって、会話が日本語のようにスムーズにいかないはずです。

自転車の場合も、倒れないようにペダルを交互に漕げば良いと頭で分かってても、一度も自転車に乗ったこと無い人は、「すぐに倒れてしまう」もしくは「ぎこちない漕ぎ方でなんとか進む」感じになります。

スポーツの場合はサッカーを例にしましょう。ボールの蹴り方を頭の中で理解してても、初心者の内はボールを遠くに蹴るのも難しかったり、強くシュートを打てなかったりします。

ボールを遠くに蹴れるようになるにも、強いシュートを打てるようになるためにも、ボールの蹴り方を学ぶだけでなく、実際にボールを蹴る練習が必要です。

技術スキル習得も同じで実践しないと身につかない

HTMLやプログラミングも同じように実践しないと技術が定着しません。

本やサイトで学べることはあくまでもベースとなる知識で、実際に自分の作りたいなと思うアイデアやサービスを作るためには、座学で身につけたベースとなる知識を使って、自分で調べて解決する必要があります。

というのも、本やサイトで学べることは、「本で書かれている内容」「サイトで教えている内容」のみで、自分が作りたいものを実現するための方法が教えられていなければ、実現する方法を見つけなければいけないからです。

いろいろと調べて試行錯誤している段階で、本やサイトでは出てこなかった技術や、エラーなどと遭遇することでしょう。

新しく知った技術の学習、エラーの解決を繰り返すことでどんどん開発者としてのスキルが身につきます。

その学習フローが成長につながるので、実際に手を動かすことは重要になってくるのです。

まとめ

ここまで話してきた内容をまとめると以下のとおりです。

この記事のまとめ
  • HTMLの学習は今の自分の目標に必要なものか考える
  • 目的を持って学習しないと挫折する確率が高まる
  • スキルを定着させるためには手を動かす必要がある

冒頭でも貼りましたが、あらためてこちらでもHTMLの基本を復習する練習問題のリンクを以下に貼ります。

あわせて読みたい
【エクササイズ】ここまで学んできたHTMLの復習その1ここまで学んできたHTMLの復習のために課題を出します。この課題をクリアして今まで学んできた内容を定着させましょう...

練習問題をやっててわからないところ、質問したいところがあればお気軽に以下からご連絡いただけたらと思います^^

あわせて読みたい
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!プログラミングやWebで困っていることに対して何でも質問受け付けています。「こんなこと質問しても大丈夫かな」と思っている方のために過去にどんな質問があったのか一例で挙げているので参考にしていただけたらと思います。...

それでは、課題頑張ってください!

【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTAにて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、「【学習コンテンツ】Web開発」と「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材を使って学習を進めていただきます。

【学習コンテンツ】Web開発」に用意している学習コンテンツのスライドも「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材をベースに作っています。

あわせて読みたい
【初心者向け】The Web Developer Bootcampはじめに 「The Web Developer Bootcamp」はWeb白熱教室の「学習コンテンツ」のベースとなっている教材です。 ...
あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Udemyの教材や、Web白熱教室の学習コンテンツを使った学習プランの提示 (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 教材・学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)

その他注意点

1人で対応していることもあるため、対応が難しくなった場合は急遽募集を終了する可能性もあることをご了承ください。

もしくは、僕以外にメンターを増やすことで募集を継続するということも考えているため、その場合は現在のプラン料金の値段を上げることなると思います。

仮にプラン料金を上げる場合は、『現在のプラン料金 × メンター人数』の料金になるかと思います。

現在の値段が5000円なので、1日1本ペットボトルジュースを買うのを我慢することで(約160円)、効率よく学習できるので費用対効果はかなり高いかなと自負しています。

また、今後メンターが増えて、プラン料金が10000円15000円と上がったとしても、月々の料金は申し込んだときの料金となるので、5000円のときに契約した場合はずっと5000円で受講することができます。

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です