HTML

【図解付き】HTMLタグの属性とは?属性を使って出来ることを知る

どうも、つよぽんです!

今回はHTMLの属性(アトリビュート)について説明していきます。

次のような人にとって今回の記事は参考になります。

想定読者
  • HTMLの属性(アトリビュート)を知らない人
  • HTMLの属性を使って何が出来るか知らない人
  • HTMLの属性の使用例を見たい人

今回の記事は以下の学習コンテンツ記事内のスライドを詳しく解説した記事となります。以下の記事と合わせて読むことでより理解度を深めていただけるかと思います。

あわせて読みたい
HTMLの属性(アトリビュート)を理解するHTMLの属性(アトリビュート)を使うことで、外部ファイルを読み込んだり、CSSと連動してスタイルを整えたり出来て、HTMLの表現の幅が広がります。属性はたくさんありますが、その中でもよく使われる代表的な属性を4つ紹介します。...

今回の内容は以下のとおりです。

今回の内容
  • HTMLの属性(アトリビュート)とは
  • HTMLの属性を使って出来ること

HTMLの属性(アトリビュート)とは

HTMLの属性とは、HTMLタグに対する追加情報のことで、タグの中に埋め込まれます。

実際に次の画像をみて属性はどの部分を指しているのか確認しましょう。

HTMLの属性の解説HTMLの属性の解説

上の図のうち黒背景の部分をみていただくと、「<p class=”editor-note”>」と書かれているのがわかります。

このpタグのうち「class=”editor-note”」部分がタグの中に埋め込まれた追加情報で、これが属性(アトリビュート)です。

このとき、「=」を挟んで左側が「属性名」、右側が「属性値」といいます。上の画像の例だと、属性名は「class」、属性値は「editor-note」になります。

では、この属性をつかうことでどのようなことが出来るのか次の章で解説していきます。

HTMLの属性を使って出来ること

HTMLの属性で出来ることは種類によって役割が異なります

この記事では使われることが多い属性2つを解説しますが、他にもどんな属性があるか気になる方は以下のページから確認することが出来るのそちらを参照していただけたらと思います。

それでは、今回解説で使う属性2つを見ていきましょう。使う2つの属性は次のとおりです。

解説で使う属性2選
  1. class : CSSと一緒に使われることが多い
  2. src : 画像の表示で利用する

class

class」は基本的にはCSSと一緒に使われることが多く、ページ内で同じデザインをしているパーツに対して同じ属性値をセットします。

次の図は実際に似たようなパーツをグループ分けしている画像になります。

同じデザインパーツは同じclassの値がセットされている同じデザインパーツは同じclassの値がセットされている

上の図の枠で囲っている部分は次のように同じデザインになっているのがわかるかと思います。

  • 赤枠内 : 灰色背景でパーツ中央にタイトルが書かれたボタン
  • オレンジ枠内 : パーツ上部に画像、下部に記事タイトルと投稿日が書かれているカード形式のパーツ

このように、同じデザインのパーツを作成するときは、CSSで表示パーツのスタイルを定義して作成します。

実際に、次のサンプルコードと出力結果が表示されている画像を使ってもう少し詳しく見ていきましょう。

classを使ったサンプルコードとその結果classを使ったサンプルコードとその結果

上の画像のサンプルコードが読みづらい方は、以下のリンク先でも確認できるのでそちらを参照していただけたらと思います。

上の画像のサンプルコードは、class属性の属性値(クラス値)を2つ用意して、クラス値に応じて異なる背景色をCSSで定義しています。(オレンジ枠内)

そして、HTMLのそれぞれのpタグ内に交互に同じ値のクラス値をセットすることで(赤枠内)、出力結果で赤背景と黄色背景が交互にセットされます。

上のサンプルコードだと、赤背景部分のclass値は「bg-red」、黄色背景部分のclass値は「bg-yellow」とセットされているおかげで、同じクラス値がセットされているタグの背景色は同じ色になるのです。

src

src属性の役割ファイルを読み込むことです。そのためsrc属性が利用できるタグは限られており、その代表的なものは次の2つです。

src属性を使うタグ例
  • imgタグ : 画像の読み込みをして、Webページ上に画像表示を行う
  • scriptタグ : JavaScriptファイルを読み込んで、JavaScriptの実行を行う

ちなみに、さきほど紹介したclass属性bodyタグ内で利用するタグであればどれでも利用することが可能です。というのも、class属性の主な役割はCSSと連携してスタイルの変更を行うことだからです。

今回は、imgタグとscriptタグのうち、imgタグを使ってサンプルを交えながら使い方を解説します。

それでは次の画像を確認しましょう。

imgタグを使ってsrc属性を使ったサンプルimgタグを使ってsrc属性を使ったサンプル

上の画像のサンプルコードが読みづらい方は、以下のリンク先でも確認できるのでそちらを参照していただけたらと思います。

上の画像の赤枠内ではimgタグを利用しています。そして、そのimgタグの中ではsrc属性を使っているのがわかるかと思います。

今回はsrc属性属性値に画像URLをセットして、Webページ上では画像URLにひもづく画像が表示されています。

画像が表示されるまでの流れとしては次のとおりです。

画像表示までの流れ
  1. src属性によって属性値でセットされている画像ファイルを読み込む
  2. 読み込みが完了したら、読み込んだ画像をWebページ上に表示する

今回は画像ファイルの読み込みにhttps(http)から始まるURL形式(絶対パス)だけでなく、相対パス形式で値をセットすることも出来ます。

絶対パス相対パスについては以下の記事でも解説しているので、絶対パスと相対パスについてよくわからないという方は以下の記事を参照していただけたらと思います。

あわせて読みたい
知っててあたり前!!会話で使われる技術用語パート1エンジニアがよく使っているけどいまいちよくわからない方に向けて、つよぽんが詳しく解説。Webディレクターのみゆきと別業界からエンジニアに転身を考えているまことと一緒に勉強しよう!...

以上、class属性とsrc属性の使い方をサンプル画像を使って説明してきました。

以下の学習コンテンツでは、「class」と「src」の他に「id」と「href」の説明もサンプルコードを使って説明しているので、他の解説も見たい方は以下の記事も確認していただけたらと思います。

あわせて読みたい
HTMLの属性(アトリビュート)を理解するHTMLの属性(アトリビュート)を使うことで、外部ファイルを読み込んだり、CSSと連動してスタイルを整えたり出来て、HTMLの表現の幅が広がります。属性はたくさんありますが、その中でもよく使われる代表的な属性を4つ紹介します。...

まとめ

ここまで話してきた内容をまとめると以下のとおりです。

この記事のまとめ
  • 属性はタグ内に埋め込まれる
  • タグ内に埋め込んだ属性の内「=」を挟んで左側が「属性名」、右側が「属性値」と呼ぶ
  • class属性はCSSと組み合わせて使い、同じデザインのパーツに同じクラス属性値をセットする
  • src属性は画像ファイルやJavaScriptファイルの読み込みに主に使われる

今回の内容は以下の記事のスライドの一部を図(画像)として利用しました。スライドの全部を確認したい方は以下の記事も参照して頂けたらと思います。

あわせて読みたい
HTMLの属性(アトリビュート)を理解するHTMLの属性(アトリビュート)を使うことで、外部ファイルを読み込んだり、CSSと連動してスタイルを整えたり出来て、HTMLの表現の幅が広がります。属性はたくさんありますが、その中でもよく使われる代表的な属性を4つ紹介します。...
【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTA にて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、主に「【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めていただきます。

あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Web白熱教室の学習コンテンツをメインに、指定した教材を使って学習する (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)
  7. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)

1日1回カフェでコーヒー1杯頼むくらいの金額で参加できます

1日1回、カフェでコーヒー1杯分くらいの値段(約330円)」で以下の環境が手に入るとイメージして頂けたらと思います。

  1. コードを添削してもらえる
  2. 学習したことのアウトプットに対してフィードバックしてもらえる
  3. いつでも質問出来る
  4. 週1のオンライン講義に参加できる
  5. 過去のオンライン講義動画を好きな時間に復習できる(いつでも閲覧可能)
  6. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加できる(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)
  7. 自分の住まいの近場のメンティーさん同士で集まって、オフラインで勉強会を開くのも可能(初めて開催する場合は事前に僕に連絡をいただけたらと思います)

学習教材には、このサイトで用意している「【学習コンテンツ】Web開発」を使います。

【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めることで、Webのフロントエンドとバックエンドのスキルを身につけていくことができます。

プログラミングスクールとの比較

プログラミングスクールに通う場合は1ヶ月で10万円以上するところも多いですし、3ヶ月で50万円、更には100万円するところもあります。

プログラミングスクールの値段が高い理由は、「プログラミングスクールで働いている人の人件費」「就職のサポート」なども含まれているからです。

10万円50万円100万円」のいずれの場合も、自己投資とはいえ、支払うのにはだいぶ勇気がいる金額かと思います。

オススメの学習方法

個人的にオススメするのは、プログラミングのできるメンター(師匠)を見つけて、まずは1ヶ月プログラミング学習をしてみて、自分にプログラミングが向いているかどうか確かめてみることです。

10万円50万円100万円」を払って、学習していく中で「やっぱり自分にはプログラミングは向いてない」と判断した場合、その金額はかなりの痛手となります。

そのため、まずは「これくらいの金額なら最悪失っても痛くないな」の値段で教えてくれるメンターを見つけて、そのメンターに色々と質問をしてみましょう。

それで、「良さそうだな」と思ったら教えてもらうといった流れで学習を始めると、金額もだいぶ節約できます。

注意点

ただし、参加者が増えてきたら、1人1人へのサポートの質を維持するのが難しくなるので、値上げする可能性もあります。

値上げする理由は次の以下の理由となります。

  • 値段を上げて参加ハードルをあげることで、自己解決スキルも身につけたいと考えている学習意欲の高い人だけが参加するようになる
    • 調べたらすぐにわかることを、自分で調べずに何でもかんでも質問すると、自己解決スキルも身につかない
    • 更に、他のメンティーさんの対応する時間が取れなくなりサポートの質の低下にも繋がる

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です