JavaScript

【入門】JavaScriptのデータ型【5つのプリミティブ型】

どうも、つよぽんです!

今回は、JavaScriptのデータ型について解説します。

JavaScriptのデータ型は大きく分けると「プリミティブ型」「オブジェクト型」の2つに分けられて、今回は「プリミティブ型」についての解説記事となります。

今回の記事は次のような方に向けて書きました。

想定読者
  • JavaScriptのデータ型ってなに?
  • プリミティブ型ってなに?
  • プリミティブ型の中にはどんな型が含まれているの?

今回の記事は以下の学習コンテンツのスライドを詳しく解説した記事となります。以下の記事と合わせて読むことでより理解度を深めていただけるかと思います。

あわせて読みたい
JavaScriptのプリミティブ型とはJavaScriptではプリミティブ型とオブジェクト型という2種類のデータを使います。今回はプリミティブ型の解説です。プリミティブ型には「数値」「文字列」などがありますが、プリミティブ型で覚えておくべき型は数値・文字列含め合計5つあります。...

それでは次の内容で話を進めていきます。

今回の内容
  1. JavaScriptのデータ型とは
  2. JavaScriptで覚えておくべき5つのプリミティブ型

 

JavaScriptのデータ型とは

JavaScriptに限らず全てのプログラミング言語では「データ型」というものを持っています。

データ型とは「数値」「文字列」「値が無い」「正しい or 正しくない」などをプログラムで表現できるようにしたものになります。

そしてJavaScriptで用意されているデータ型は大きく分けて「プリミティブ型」と「オブジェクト型」の2種類があります。

プリミティブ型」「オブジェクト型」の中でもさらに細かくたくさんの型がありますが、まずは今回解説する5つのプリミティブ型を覚えておけば良いでしょう。

というのも、「プリミティブ型」で用意されている今回紹介する5つの型以外は全て「オブジェクト型」になるので、数少ないプリミティブ型さえ覚えておけば、どれが「プリミティブ型」か「オブジェクト型」か判断できるようになります。

今回は5つのプリミティブ型の値を解説しますが、厳密にはプリミティブ型には6つの型が用意されています。

その6つの中で、今回紹介しない型は「Symbol」になります。

Symbolに関しては「ECMAScript 2015」という、比較的新しいJavaScriptの書き方で追加された型ですが、他の5つのプリミティブ型と比べると使用頻度が高くないため、覚えておくべき5つの型から除外しています。

JavaScriptで覚えておくべき5つのプリミティブ型

この章ではJavaScriptのプリミティブ型に用意されている覚えておくべき5つの型について解説します。

今回紹介する5つのプリミティブ型は次のとおりです。

紹介する5つのプリミティブ型
  1. Number
  2. String
  3. Boolean
  4. Null
  5. Undefined

それでは上記5つのプリミティブ型を1つずつ見ていきましょう。

Number : 数値

まず1つ目に紹介するのは「Number」型です。

Number型は「数値」を表します。「整数」「小数」「正の数」「負の数」、これら全てはNumber型に含まれます。

以下の画像は複数のNumber型を使って「たし算」「ひき算」などの簡単な計算を行っている様子を表したものです。

Number型を使ったサンプルNumber型を使ったサンプル

JavaやC言語など他のプログラミング言語には、整数と小数に異なる型を使うものもあります。

あくまでもJavaScriptでは「Number型」という型で全ての数値を表しているだけです。

String : 文字列

次に紹介するのは「String」型です。

Stringは「文字列」を表します。

String型は「シングルクォーテーション(文字列)」もしくは「ダブルクォーテーション(文字列)」で囲まれた値を指します。

以下の画像を観ると「Hello」という文字がシングルクォーテーションで囲まれていて、「World」という文字がダブルクォーテーションで囲まれているのがわかります。

String型のサンプルString型のサンプル

シングルクォーテーションを使っているか、ダブルクォーテーションを使っているかの違いはありますが、使っている記号が異なるだけで内容は全く同じです。

シングルクォーテーションもダブルクォーテーションも使えますが、基本的にはどちらか1つのクォーテーションマークに統一したほうが良いでしょう。(統一されている方がキレイなため。)

余談ですが、僕の場合、文字列を作るときは基本的に「シングルクォーテーション」に統一しています。

Boolean : 真偽値

次に紹介するのは「Boolean」型です。

Boolean型は「真偽値」を表しています。真偽値とは「true」「false」の2つしか持たない値のことです。

以下の画像でも解説していますが、真偽値は前の項目で紹介した「文字列」とは異なるため、シングルクォーテーション・ダブルクォーテーションで囲みません。

もしシングルクォーテーション・ダブルクォーテーションで「true」「false」にしてしまうと、真偽値ではなく、文字列となってしまうので注意しましょう

Boolean型のサンプルBoolean型のサンプル

Null : 値が無い

次に紹介するのは「Null」型です。

Nullは値が無いことを明示的に表すときに使われます。

次に紹介する「Undefined」との違いは、

Nullが「明示的に値が無い」ということを表していることに対して、

Undefinedは「値が定義されていない」ということを表しており、「明示的に値が無い」ということを表しているわけではない点です。

以下の画像はNull型を使ったときのサンプルで、「null」(全て小文字)を使って値が無いことを明示します。

Null型のサンプルNull型のサンプル

Undefined : 未定義

最後に紹介するのは「Undefined」型です。

前の項目の「Null型」の中でも、「Null」と「Undefined」の違いを説明したときに話しましたが、Undefinedは「値が定義されていない(=未定義)」ということを表しています。

以下の画像はUndefinend型のサンプルで、「undefined」(全て小文字)を使って値が定義されていないことを表します。

Undefined型のサンプルUndefined型のサンプル

まとめ

今回の話をまとめると次のとおりです。

今回のまとめ
  1. データ型とは「数値」「文字列」「正しい or 正しくない」といったことをプログラムで表せるようにしたもの
  2. JavaScriptのデータ型は大きく分けて「プリミティブ型」と「オブジェクト型」の2種類ある
  3. プリミティブ型以外の型は全てオブジェクト型になるため、数が少ないプリミティブ型さえ覚えておけば「プリミティブ型」「オブジェクト型」を判断できるようになる
  4. 覚えておくべきプリミティブ型は「Number」「String」「Boolean」「Null」「Undefined」の5つ

今回の内容は以下の記事内のスライドの補足資料として作成しました。スライドの全部を確認したい方は以下の記事も参照して頂けたらと思います。

あわせて読みたい
JavaScriptのプリミティブ型とはJavaScriptではプリミティブ型とオブジェクト型という2種類のデータを使います。今回はプリミティブ型の解説です。プリミティブ型には「数値」「文字列」などがありますが、プリミティブ型で覚えておくべき型は数値・文字列含め合計5つあります。...
【3つの特典付き】Webエンジニアに必要な基礎スキルを体系的に効率良く身につけたいですか?

LINE登録で無料特典を受け取る

次のような方向けに、学習をサポートするコンテンツを無料プレゼントしています。

  • Webエンジニアになりたいけど何から学習を始めれば良いかわからない
  • 今まで独学で頑張ってきたけど、独学に限界を感じてきた
  • プログラミングは出来るけど、大きめのコードが書けない

「プレゼント詳細が知りたい」「プレゼントを受け取りたい」といった方は、以下のボタンをクリックして詳細ページをご確認ください。

無料特典を受け取る

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です