JavaScript

【JavaScript】変数の中身を確認する方法【デバッグ方法】

どうも、つよぽんです!

今回は、JavaScriptでの変数の中身を確認する方法を解説します。

今回の記事は次のような方に向けて書きました。

想定読者
  • 作成した変数の中身を確認するにはどうすれば良いの?
  • 問題解決スキルを身に着けたい
  • 簡単なプログラムミスの解決に消費している時間を減らしたい

JavaScriptに限らず、プログラミングをしていて意図したとおりにプログラムが動かないときに「変数の中身を確認したい」場面にたくさん遭遇します。

変数の中身を確認して問題を解決する」という問題解決スキルエンジニアとして重要なスキルとなります。

初心者の段階からもこの問題解決スキルを身に着けておくと、簡単なミスもすぐに解決出来るようになるので、学習スピードが上がります

今回の記事は以下の学習コンテンツのスライドを詳しく解説した記事となります。以下の記事と合わせて読むことでより理解度を深めていただけるかと思います。

あわせて読みたい
JavaScriptで値を確認する方法(デバッグ方法)プログラミングをしていて不具合が発生したときに、その不具合の原因を突き止める作業が重要になります。この作業のことを「デバッグ」と呼び、変数の中身や関数の実行結果の値を確認する必要があります。今回はデバッグする際に便利な機能の使い方を紹介します。...

それでは次の内容で話を進めていきます。

今回の内容
  1. デバッグとは
  2. alertの使い方
  3. console.logの使い方

デバッグとは

この章では「デバッグ」について解説します。

デバッグとは、「変数の値関数の動作などを確認して、問題がある箇所(=バグ)の修正を行うこと」を言います。

つまり、プログラミングの学習をしているときや、実際にWebサービスやアプリケーションを作成しているときに遭遇する不具合を解決するための手段のことです。

記事の冒頭でも説明しましたが、プログラムの不具合を解決スキルはエンジニアにとって重要なスキルです。

「デバッグが出来るか出来ないか」によって開発・学習スピードに大きな差が出てきます。

そのため、効率よくプログラミングの学習や開発を行いたいのであれば、初心者の段階からも「デバッグ方法」を身に着けておくことを強くオススメします。

デバッグ方法を身につけるのってなんだか難しそう。。」と思われるかもしれませんが、とてもカンタンなので心配しなくても大丈夫です

JavaScriptのデバッグ方法は次の章以降で解説する、「①alert」「②console.log」の2つの内いずれかを使うことが一般的です。

それでは1つずつ見ていきましょう。

alertの使い方

この章では「alert」の使い方の説明をします。

「alert」を使うことで変数の中身(=値)をWebブラウザ上に「アラートダイアログ」の形式で表示することが出来ます。

言葉だけだとイメージがつきづらいと思うので、以下の画像をつかって説明します。

alertを使って変数の中身を確認するサンプルalertを使って変数の中身を確認するサンプル

画像ではデベロッパーツールを使って「alert」を実行しています。

デベロッパーツール内(Webページの下側)のオレンジ枠内で「変数message」を作成して「’アラートメッセージで表示する値‘」という文字列を代入しています。

その後、緑枠内で「alert(message)」を実行することで、画面上部の赤枠内で「アラートダイアログ」を表示します。

このとき、変数messageの中身(=’アラートメッセージで表示する値‘)がアラートダイアログ上に表示されているのが確認できます。

このように、alertを使うと変数の中身をアラートダイアログ上に表示することが出来るのです。

デベロッパーツールを使うことで、今すぐにalertの挙動を体験することが出来るので、体験してみたい方は以下の記事を参考にデベロッパーツールを使っていただけたらと思います。

あわせて読みたい
【入門】JavaScriptを実行する【デベロッパーツール編】JavaScriptを勉強したいなと思ったときにはまずは実行してみて体験してみると良いでしょう。JavaScriptを実行する方法はプログラミングしたファイルを用意する方法もありますがデベロッパーツールを使うのが手っ取り早いです。...

console.logの使い方

次に「console.log」の使い方の説明をします。

「console.log」を使うことで変数の中身(=値)をデベロッパーツール上に出力させることが出来ます。

こちらも言葉だけだとイメージがつきづらいと思うので、以下の画像をつかって説明します。

console.logを使って変数の中身を確認するサンプルconsole.logを使って変数の中身を確認するサンプル

「console.log」でも基本的には「alert」のときと同様に「console.log(中身を確認した変数名)」の形式で使います。

alertと異なる点は次の2つです。

alertと異なる点
  1. 変数の中身はデベロッパーツールのConsoleに出力される (alertではアラートダイアログ上に出力される)
  2. 複数の変数の中身を同時に確認できる(alertでは1度に1つの変数の中身しか確認できない)

上記のの挙動を確認するために上の画像に戻りましょう。

緑枠内を確認すると「console.log(value1)」を実行して、次の行で「変数value1」の中身が確認できていることがわかります。(変数value1はデベロッパーツールの1行目で定義されています。)

そして、青枠内を見るとカンマ区切りで「console.log(value1, value2, value3)」複数の変数がconsole.logにセットされているのがわかります。

その結果、次の行で「value1」「value2」「value3」の変数の中身が出力されているのが確認できます。

このように、alertと比べるとconsole.logは複数の値の確認も出来て、「アラートダイアログ」を毎回閉じる必要も無いので、基本的にはconsole.logを使うようにしておけば良いでしょう。

まとめ

今回の話をまとめると次のとおりです。

今回のまとめ
  1. デバッグとは「プログラムの不具合があったときに、①変数の値などを確認して、②問題の原因を突き止めて、③問題を解決する」作業のことである
  2. alertを使うことで、変数の中身をアラートダイアログに表示することが出来る
  3. console.logを使うことで、変数の中身をデベロッパーツールのConsoleに表示することが出来る
  4. console.logはalertと異なり、同時に複数の変数の中身を確認できるため、基本的にはconsole.logを使うことをオススメする (alertは1度に1つの変数(=値)の確認しか出来ない)

今回の内容は以下の記事内のスライドの補足資料として作成しました。スライドの全部を確認したい方は以下の記事も参照して頂けたらと思います。

あわせて読みたい
JavaScriptで値を確認する方法(デバッグ方法)プログラミングをしていて不具合が発生したときに、その不具合の原因を突き止める作業が重要になります。この作業のことを「デバッグ」と呼び、変数の中身や関数の実行結果の値を確認する必要があります。今回はデバッグする際に便利な機能の使い方を紹介します。...
【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTA にて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、主に「【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めていただきます。

あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Web白熱教室の学習コンテンツをメインに、指定した教材を使って学習する (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)
  7. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)

1日1回カフェでコーヒー1杯頼むくらいの金額で参加できます

1日1回、カフェでコーヒー1杯分くらいの値段(約330円)」で以下の環境が手に入るとイメージして頂けたらと思います。

  1. コードを添削してもらえる
  2. 学習したことのアウトプットに対してフィードバックしてもらえる
  3. いつでも質問出来る
  4. 週1のオンライン講義に参加できる
  5. 過去のオンライン講義動画を好きな時間に復習できる(いつでも閲覧可能)
  6. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加できる(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)
  7. 自分の住まいの近場のメンティーさん同士で集まって、オフラインで勉強会を開くのも可能(初めて開催する場合は事前に僕に連絡をいただけたらと思います)

学習教材には、このサイトで用意している「【学習コンテンツ】Web開発」を使います。

【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めることで、Webのフロントエンドとバックエンドのスキルを身につけていくことができます。

プログラミングスクールとの比較

プログラミングスクールに通う場合は1ヶ月で10万円以上するところも多いですし、3ヶ月で50万円、更には100万円するところもあります。

プログラミングスクールの値段が高い理由は、「プログラミングスクールで働いている人の人件費」「就職のサポート」なども含まれているからです。

10万円50万円100万円」のいずれの場合も、自己投資とはいえ、支払うのにはだいぶ勇気がいる金額かと思います。

オススメの学習方法

個人的にオススメするのは、プログラミングのできるメンター(師匠)を見つけて、まずは1ヶ月プログラミング学習をしてみて、自分にプログラミングが向いているかどうか確かめてみることです。

10万円50万円100万円」を払って、学習していく中で「やっぱり自分にはプログラミングは向いてない」と判断した場合、その金額はかなりの痛手となります。

そのため、まずは「これくらいの金額なら最悪失っても痛くないな」の値段で教えてくれるメンターを見つけて、そのメンターに色々と質問をしてみましょう。

それで、「良さそうだな」と思ったら教えてもらうといった流れで学習を始めると、金額もだいぶ節約できます。

注意点

ただし、参加者が増えてきたら、1人1人へのサポートの質を維持するのが難しくなるので、値上げする可能性もあります。

値上げする理由は次の以下の理由となります。

  • 値段を上げて参加ハードルをあげることで、自己解決スキルも身につけたいと考えている学習意欲の高い人だけが参加するようになる
    • 調べたらすぐにわかることを、自分で調べずに何でもかんでも質問すると、自己解決スキルも身につかない
    • 更に、他のメンティーさんの対応する時間が取れなくなりサポートの質の低下にも繋がる

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です