JavaScript

【課題】JavaScriptの条件分岐チャレンジ【if・else】

どうも、つよぽんです!

今回は、これまで解説してきた以下2つの理解度を確認するために用意した演習課題に取り組んでもらうことを目的とした記事となります。

演習課題で確認する内容
  1. Boolean値取得の理解度チェック(比較演算子・論理演算子)
  2. 条件分岐の理解度チェック(if・else・else if)

以下の画像は、今回の課題で作る完成形になります。(入力内容に応じて異なるメッセージが表示される)

今回の課題で作るもの今回の課題で作るもの

課題の詳細は以下の記事から確認することが出来るので、今すぐ課題に取り組みたい方は以下の記事から課題ページにアクセスして、早速取り組んでいただけたらと思います。

あわせて読みたい
【エクササイズ】入力内容に応じてalertメッセージを切り替えるこれまで学習してきた「alert」「条件分岐」「比較演算子」をつかった課題を用意しました。課題をクリアすることでこれまで学習してきた内容を定着させていきましょう。...

この記事の想定読者は次のとおりです。

想定読者
  • JavaScriptの比較演算子・論理演算子の知識が定着しているか確認したい
  • JavaScriptの条件分岐で使う「if・else・else if」を正しく使えるか確認したい

課題に取り組む際にはもちろんHTMLファイルとJavaScriptファイルを連携させる方法を知っている必要があります。

もし、HTMLファイルとJavaScriptファイルの連携方法を忘れてしまっている場合は、以下の記事を参考にしましょう。

あわせて読みたい
HTMLでJavaScriptの外部ファイルを読み込み、実行するHTMLでJavaScriptファイルを読み込むことでWebブラウザでJavaScriptを実行することができます。今回はJavaScriptファイルの作成方法から、HTMLで作成したJavaScriptを読み込み、実行するところまでを解説します。...

今回の課題をクリアするために参考になる記事は次のとおりです。忘れてしまっているものがあれば記事を読み返しふり返ってみましょう。

【JavaScript】変数の中身を確認する方法【デバッグ方法】

あわせて読みたい
【JavaScript】変数の中身を確認する方法【デバッグ方法】JavaScriptを書いていて変数の中身を確認したい場面が多々あります。その場合には「alert」「console.log」を使うことで変数の中身を確認できます。特にconsole.logはオブジェクトの中身を細かく見ることも出来るので便利です。...

こちらの記事では、今回の課題で使う「alert」の使い方を学習しました。

上記記事ではデバッグ方法の1つとして「alert」を使うようにしていますが、デバッグ以外でももちろん利用できます。

今回の場合は、入力した内容に応じて「alert」で異なるメッセージを表示するのに使います。

「alert」の使い方を忘れてしまった場合は上記記事を使って復習しましょう。

JavaScriptでBoolean値を取得【比較演算子・論理演算子】

あわせて読みたい
JavaScriptでBoolean値を取得【比較演算子・論理演算子】ループ処理や条件分岐などで必要になってくる「真偽値(boolean)」の主の取得方法を3つ解説します。①true・falseを直接使う、②比較演算子を使う、③論理演算子を使う。複雑な処理をしたいときに比較演算子・論理演算子を使うことになります。...

こちらの記事では、JavaScriptでBooleanの値(true・false)を取得するための3つの方法を解説しました。

3つの方法
  1. Boolean値を直接使う
  2. 比較演算子を使う
  3. 論理演算子を使う

は「true」「false」を直接使う方法です。しかし、Boolean値を直接使う方法では、次に紹介する「条件分岐」をつかった複雑な処理をすることが出来ません。

そこで「条件分岐」を使って複雑な処理をしたいときに「比較演算子」「論理演算子」が使えます。

今回の課題では、比較演算子と論理演算子の内どちらか片方を利用します。

比較演算子・論理演算子がどんなものか知らない方、もしくは覚えていない方は上記記事を参考にしていただけたらと思います。

JavaScriptの条件分岐の方法【if・else・else if】

あわせて読みたい
JavaScriptの条件分岐の方法【if・else・else if】使われる値に応じて処理内容を切り替えたいときに必要となる「条件分岐」について解説します。JavaScriptでも他のプログラミング言語と同様に「if」「else if」「else」というキーワードを使って条件分岐を実現することができます。...

こちらの記事では、JavaScriptでの条件分岐の方法について解説しました。

JavaScriptで条件分岐を行う際には次の3つのキーワードを利用します。

3つのキーワード
  1. if
  2. else if
  3. else

今回の課題では、上記3つ全てのキーワードを使います。

「if」「else if」「else」の使い方を知らない方、もしくは覚えていない方は、上記記事で「条件分岐」の方法をふりかえってみましょう。

まとめ

あらためて、今回の課題をクリアするために必要な知識を解説した記事を以下にまとめておきます。

上にまとめた記事内容をふりかえり、今回の演習課題で取り組む以下2つの知識定着のためにも、ぜひチャレンジしましょう!^^

演習課題で確認する内容
  1. Boolean値取得の理解度チェック(比較演算子・論理演算子)
  2. 条件分岐の理解度チェック(if・else・else if)
あわせて読みたい
【エクササイズ】入力内容に応じてalertメッセージを切り替えるこれまで学習してきた「alert」「条件分岐」「比較演算子」をつかった課題を用意しました。課題をクリアすることでこれまで学習してきた内容を定着させていきましょう。...

頭では理解してても実際に手を動かしてみて手が進まないところがあれば、それは理解が不十分だということを意味します。

練習問題をやっててわからないところ、質問したいところがあればお気軽に以下からご連絡いただけたらと思います^^

あわせて読みたい
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!プログラミングやWebで困っていることに対して何でも質問受け付けています。「こんなこと質問しても大丈夫かな」と思っている方のために過去にどんな質問があったのか一例で挙げているので参考にしていただけたらと思います。...

それでは、課題頑張ってください!

【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTAにて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、「【学習コンテンツ】Web開発」と「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材を使って学習を進めていただきます。

【学習コンテンツ】Web開発」に用意している学習コンテンツのスライドも「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材をベースに作っています。

あわせて読みたい
【初心者向け】The Web Developer Bootcampはじめに 「The Web Developer Bootcamp」はWeb白熱教室の「学習コンテンツ」のベースとなっている教材です。 ...
あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Udemyの教材や、Web白熱教室の学習コンテンツを使った学習プランの提示 (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 教材・学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)

その他注意点

1人で対応していることもあるため、対応が難しくなった場合は急遽募集を終了する可能性もあることをご了承ください。

もしくは、僕以外にメンターを増やすことで募集を継続するということも考えているため、その場合は現在のプラン料金の値段を上げることなると思います。

仮にプラン料金を上げる場合は、『現在のプラン料金 × メンター人数』の料金になるかと思います。

現在の値段が5000円なので、1日1本ペットボトルジュースを買うのを我慢することで(約160円)、効率よく学習できるので費用対効果はかなり高いかなと自負しています。

また、今後メンターが増えて、プラン料金が10000円15000円と上がったとしても、月々の料金は申し込んだときの料金となるので、5000円のときに契約した場合はずっと5000円で受講することができます。

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です