JavaScript

【課題】JavaScriptの配列でTodoアプリを作成する

どうも、つよぽんです!

今回は、演習課題の紹介記事となります。

今回の課題はTodoアプリを作成します。

以下の画像は今回作成するTodoアプリの完成形です。
(画像をクリックするとアニメーションで動作を確認できます。)

今回の課題で作成するTodoアプリの完成形今回の課題で作成するTodoアプリの完成形

課題の詳細は以下の記事から確認することが出来るので、今すぐ課題に取り組みたい方は以下の記事から課題ページにアクセスして、早速取り組んでいただけたらと思います。

あわせて読みたい
【エクササイズ】JavaScriptで簡易Todoアプリを作るJavaScriptの配列を学習してきたので、これまで学習してきた知識をフル動員して「簡易Todoアプリ」を作ります。①条件分岐、②ループ処理、②関数、④配列を組み合わせることでTodoアプリが作れるという実感を持ってもらうのが今回の課題の目的となります。...

今回の作るTodoアプリでは、今まで解説・学習してきた以下の知識を使います。

課題のTodoアプリ作成で使う知識
  1. 配列
  2. ループ処理(イテレーション処理)
  3. 条件分岐
  4. 関数

演習課題にチャレンジしてクリアすることで、上記4つの知識を定着させることが出来ます。

今回作るTodoアプリは「デベロッパーツール」「window.prompt」で動くものとなります。

そのためHTML内容を操作(DOM操作)するコードは記述しませんが、Todoリストの管理を行うロジック部分は流用できます

つまり、今回の課題で作るTodoリストのロジック部分にDOM操作のコードを追加すればWebページで動くTodoアプリを作成することが出来ます

この記事の想定読者は次のとおりです。

想定読者
  • JavaScriptの配列とループ処理を組み合わせた実装ができるか確認したい
  • JavaScriptで機能ごとにうまく関数を作成できるか挑戦してみたい
  • JavaScriptを使ってアプリを作ってみたい

課題に取り組む際にはもちろんHTMLファイルとJavaScriptファイルを連携させる方法を知っている必要があります。

もし、HTMLファイルとJavaScriptファイルの連携方法を忘れてしまっている場合は、以下の記事を参考にしましょう。

あわせて読みたい
HTMLでJavaScriptの外部ファイルを読み込み、実行するHTMLでJavaScriptファイルを読み込むことでWebブラウザでJavaScriptを実行することができます。今回はJavaScriptファイルの作成方法から、HTMLで作成したJavaScriptを読み込み、実行するところまでを解説します。...

今回の課題をクリアするために参考になる記事は次のとおりです。忘れてしまっているものがあれば記事を読み返しふり返ってみましょう。

【入門】JavaScriptで配列を作成する方法【定義・初期化】

あわせて読みたい
【入門】JavaScriptで配列を作成する方法【定義・初期化】JavaScriptで配列を作成する方法を解説します。JavaScriptで配列を定義する方法は大きく2種類あります。①「[1, 2, 3]」、②「new Array(1, 2, 3)」の2つのうち①で配列を作成することが一般的です。...

今回のアプリで作るTodoアプリの「Todoリスト」は配列で管理します。

そのため、JavaScriptの配列はどのようにして作るのかを知っておく必要があります。

JavaScriptで配列を作る方法は上記記事で解説しているので、JavaScriptでの配列の作り方を忘れてしまった場合は上記記事を参考にして頂けたらと思います。

JavaScriptの配列のpushを例に、メソッドを覚えるコツ

あわせて読みたい
JavaScriptの配列のpushを例に、メソッドを覚えるコツどうも、つよぽんです! 今回は、JavaScriptの配列メソッドを覚えるコツについて解説します。 今回の記事では配列を例に...

前の章でも説明したとおり、Todoリストは配列で管理します。

つまり、Todoリストの配列に対して次のような処理を実行することになります。

Todoリストに対して行う処理
  1. 新しいTodoタスクの追加
  2. Todoリスト内の指定したタスクの削除

上記2つを実現するためには、配列の組み込みメソッドを使う必要があります。

「①配列に新しいデータを追加する方法」、「②配列の特定位置からデータを削除する方法」がわからない場合は、上記記事で解決のヒントを出しているので参考にして頂けたらと思います。

JavaScriptの配列をループで処理する【for・forEach】

あわせて読みたい
JavaScriptの配列をループで処理する【for・forEach】JavaScriptの配列の中の値をループして使うことで、値だけ切り替えながら同じ処理を繰り返す事ができます。配列のループ処理が行われている例として、Twitterのタイムラインやブログの記事一覧ページが挙げられます。このように配列のループは開発時は頻繁に出てくるのでぜひ押さえておきましょう。...

前の章では、「タスクの追加」「タスクの削除」を行うために配列の組み込みメソッドを使う必要があることを説明しました。

Todoリストに対して行う操作として、もう一つ重要な機能が残っており、それは「Todoリスト内のタスクを一覧表示する」ことです。

つまり、配列内のデータを全部表示するということになります。

タスクの一覧表示は「forループ」で実現するか、配列の組み込みメソッドである「forEach」を使うかの2通りの方法があります。

どちらで実装しても良いですが、より難しい方でチャレンジしたい方は「forEach」で実装して頂けたらと思います。

JavaScriptの条件分岐の方法【if・else・else if】

あわせて読みたい
JavaScriptの条件分岐の方法【if・else・else if】使われる値に応じて処理内容を切り替えたいときに必要となる「条件分岐」について解説します。JavaScriptでも他のプログラミング言語と同様に「if」「else if」「else」というキーワードを使って条件分岐を実現することができます。...

今回は「window.prompt」に入力した文字列に応じて次の機能を切り替えて使います。

入力に応じて切り替える機能
  1. 新規Todoタスクの追加
  2. 既存Todoタスクの削除
  3. Todoタスクの一覧表示
  4. 操作終了

上記の4つの機能を切り替えて使うのに「条件分岐」を利用します。

条件分岐とは「if, else if, else」を使う構文のことです。

条件分岐を忘れてしまった場合は上記記事でふりかえることをオススメします。

JavaScriptのwhileでループを行う【無限ループに注意】

あわせて読みたい
JavaScriptのwhileでループを行う【無限ループに注意】JavaScriptでループ処理を行うための1つの手段である「while」について解説をします。whileを使うことで、何回も繰り返して行いたい処理を実装できます。しかし無限ループも発生しやすいのでwhileを使うときは注意が必要です。...

前の章でも説明しましたが、今回のTodoアプリは「window.prompt」に入力した文字列に応じて機能を切り替えて使います。

このTodoアプリの機能を終了させるためには「‘終了’」という文字列を入力する必要がああります。

逆に言えば「‘終了’」が入力されない限りずっと終わらないということです。

この「ずっと終わらない」というのを実現させるために、今回の課題では「while」を使っています。

「whileが何かわからない」「whileの使い方を忘れてしまった」という方は上記記事を参考にして頂けたらと思います。

【入門】JavaScriptで関数を定義する【関数宣言・意義】

あわせて読みたい
【入門】JavaScriptで関数を定義する【関数宣言・意義】JavaScriptでは関数の定義方法が3つあります。①関数宣言、②関数式、③アロー関数。この3つの内、今回は①関数宣言を使った関数の定義方法を取り上げます。その他にも「関数の実行方法」「なぜ関数を作るのかの意義」についても解説します。...

今回のTodoアプリでは機能毎に関数を作っていただきます。具体的には次の機能を関数で実装します。

実装する関数
  1. showTodos関数 : Todoリストの一覧表示
  2. createTodo関数 : 新規Todoタスクの追加
  3. deleteTodo関数 : 指定したTodoタスクの削除

上記のような関数を定義しなくてもTodoアプリを実装ることは出来ますが、そうしてしまうと、「コードの管理が難しくなる」「同じような処理を重複して記述してしまう」という弊害があります。

上記記事では関数の定義方法だけでなく、なぜ関数を作るのかという「意義」についても解説しています。

「関数を作るメリット」を詳しく知りたい方は上記記事を一度読んで頂けたらと思います。

まとめ

あらためて、今回の課題をクリアするために必要な知識を解説した記事を以下にまとめておきます。

上にまとめた記事内容をふりかえり、今回の演習課題で取り組む知識定着のためにも、ぜひチャレンジしましょう!^^

課題のTodoアプリ作成で使う知識
  1. 配列
  2. ループ処理(イテレーション処理)
  3. 条件分岐
  4. 関数
あわせて読みたい
【エクササイズ】JavaScriptで簡易Todoアプリを作るJavaScriptの配列を学習してきたので、これまで学習してきた知識をフル動員して「簡易Todoアプリ」を作ります。①条件分岐、②ループ処理、②関数、④配列を組み合わせることでTodoアプリが作れるという実感を持ってもらうのが今回の課題の目的となります。...

頭では理解してても実際に手を動かしてみて手が進まないところがあれば、それは理解が不十分だということを意味します。

練習問題をやっててわからないところ、質問したいところがあればお気軽に以下からご連絡いただけたらと思います^^

あわせて読みたい
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!プログラミングやWebで困っていることに対して何でも質問受け付けています。「こんなこと質問しても大丈夫かな」と思っている方のために過去にどんな質問があったのか一例で挙げているので参考にしていただけたらと思います。...

それでは、課題頑張ってください!

【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTAにて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、「【学習コンテンツ】Web開発」と「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材を使って学習を進めていただきます。

【学習コンテンツ】Web開発」に用意している学習コンテンツのスライドも「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材をベースに作っています。

あわせて読みたい
【初心者向け】The Web Developer Bootcampはじめに 「The Web Developer Bootcamp」はWeb白熱教室の「学習コンテンツ」のベースとなっている教材です。 ...
あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Udemyの教材や、Web白熱教室の学習コンテンツを使った学習プランの提示 (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 教材・学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)

その他注意点

1人で対応していることもあるため、対応が難しくなった場合は急遽募集を終了する可能性もあることをご了承ください。

もしくは、僕以外にメンターを増やすことで募集を継続するということも考えているため、その場合は現在のプラン料金の値段を上げることなると思います。

仮にプラン料金を上げる場合は、『現在のプラン料金 × メンター人数』の料金になるかと思います。

現在の値段が5000円なので、1日1本ペットボトルジュースを買うのを我慢することで(約160円)、効率よく学習できるので費用対効果はかなり高いかなと自負しています。

また、今後メンターが増えて、プラン料金が10000円15000円と上がったとしても、月々の料金は申し込んだときの料金となるので、5000円のときに契約した場合はずっと5000円で受講することができます。

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です