JavaScript

【JavaScript】Promiseオブジェクトの作成【2通り】

どうも、つよぽんです!

今回は、「JavaScriptのPromiseオブジェクトを作成する2通りの方法」について解説していきます。

今回の記事は次のような方に向けて書きました。

想定読者
  • Promiseオブジェクトを作成する方法を知りたい

この記事を読み終えた後のあなたは次のことがわかるようになっています。

この記事を読み終えた後のあなた
  • newを使ったPromiseオブジェクトの作り方がわかるようになる
  • Promise.resolve, Promise.rejectを使ったPromiseオブジェクトの作り方がわかるようになる

今回の記事の内容は以下のスライドの解説記事となっております。今回の解説記事と以下のスライド記事をあわせて使うことでより深く学習できます。

あわせて読みたい
【JavaScript】Promiseオブジェクトを作成するJavaScriptで非同期処理を行うときはPromiseを使うと良いことを前回の記事で解説しました。今回はそのPromiseオブジェクトをどうやって作るかを学習します。Promiseオブジェクトの作成方法とthen, catchの使い方を学習します。...

それでは次の内容で話を進めていきます。

今回の内容
  1. new PromiseでPromiseオブジェクトを作成する
  2. Promise.resolve、Promise.rejectでPromiseオブジェクトを作成する

new PromiseでPromiseオブジェクトを作成する

new Promiseの使い方

Promiseオブジェクトを作成する1つ目の方法は「new Promise()」です。

実際に「new Promise()」を使うときには、引数にコールバック関数をセットします。

下の画像にもセットするコールバック関数の説明を記述していて、このコールバック関数は2つの引数を受け取り、どちらの引数もコールバック関数となります。

言葉だけの説明だとイメージがつかないかもなので、後ほどサンプルコードを使いながら説明します。

new Promiseの使い方new Promiseの使い方

Promiseでは、非同期処理が成功したときは「resolve」、失敗したときは「reject」という概念を使います。

そのため、「new Promise」にセットするコールバック関数の引数には次の2つがセットされます。

コールバック関数の2つの引数
  1. 第1引数 : 成功した時に実行するコールバック関数(引数名にresolveとつけるのが一般的)
  2. 第2引数 : 失敗した時に実行するコールバック関数(引数名にrejectとつけるのが一般的)

new Promiseを使ったサンプルコード

こちらではサンプルコードを使いながら「new Promise」の使い方を説明します。

下の画像の緑枠内は成功したとき用のコールバック関数「resolve」を使っています。

下の画像の赤枠内は失敗したとき用のコールバック関数「reject」を使っています。

new Promiseを使ったサンプルコードnew Promiseを使ったサンプルコード

上の画像で使われているコードは以下のリンクから直接確認できます。

Promiseオブジェクトを作るサンプルその1

Promiseオブジェクトにはresolve(成功)したときに実行されるメソッド「then」と、reject(失敗)したときに実行される「catch」メソッドが用意されています。

then」と「catch」の使い方は別記事で解説しますが、ここでは「resolve(成功)→then」、「reject(失敗)→catch」の関係を覚えていただければ問題ないです。

「new Promise」のコールバック関数の2つの引数である「resolve」と「reject」のコールバック関数は、それぞれ実行時に1つ引数がセットできます。

「resolve」「reject」実行時に渡した引数は、それぞれ「then」「catch」にセットしたコールバック関数の引数にセットされます。

こちらも詳しい解説は、「then」「catch」の解説を別記事で行うのでそちらで解説します。

Promise.resolve、Promise.rejectでPromiseオブジェクトを作成する

Promise.resolve, Promise.rejectの使い方

「Promise.resolve」と「Promise.reject」の使い方は、1つ前の章で解説した「new Promise」の使い方が理解できればとても簡単です。

下の画像で解説している通り「Promise.resolve」と「Promise.reject」は「new Promise」の省略した書き方です。

つまり、はじめから非同期処理の内容が「成功(=resolve)」するか、「失敗(=reject)」するかわかっているときに使える書き方となります。

Promise.resolve, Promise.rejectの使い方Promise.resolve, Promise.rejectの使い方

「Promise.resolve」と「Promise.reject」は、それぞれ引数を1つ受け取ることが出来ます。

引数の値は「new Promise」でも説明したとおり、「resolve」では「then」のコールバック関数の引数に渡り、「reject」では「catch」のコールバック関数の引数にわたります。

言葉だけではイメージがつきづらいと思うので、実際に次の項目でサンプルコードを見ながら説明します。

Promise.resolve, Promise.rejectを使ったサンプルコード

下の画像の緑枠内では「Promise.resolve」を使っています。

下の画像の赤枠内では「Promise.resolve」を使っています。

Promise.resolve, Promise.rejectを使ったサンプルコードPromise.resolve, Promise.rejectを使ったサンプルコード

上の画像で使われているコードは以下のリンクから直接確認できます。

Promiseオブジェクトを作るサンプルその2

緑枠内の「Promise.resolve(1)」の場合は、引数に渡した1が、thenのコールバック関数の引数「data」に渡っていることがconsole.logの出力からわかります。

逆に、赤枠内の「Promise.reject(1)」の場合は、引数に渡した1が、catchのコールバック関数の引数「error」に渡っていることがconsole.logの出力からわかります。

まとめ

今回の話をまとめると次のとおりです。

今回のまとめ
  • Promiseオブジェクトを作成する方法は2通りある
    • new Promise
    • Promise.resolveとPromise.reject (= new Promiseの省略形)
  • Promiseで非同期処理を行ったときの成功・失敗は「resolve」「reject」という概念で表す
  • resolve(=成功)したときは、「then」に値を引数経由で渡すことが出来る
  • reject(=失敗)したときは、「catch」に値を引数経由で渡すことが出来る

今回の内容は以下の記事内のスライドの補足資料として作成しました。スライドの全部を確認したい方は以下の記事も参照して頂けたらと思います。

あわせて読みたい
【JavaScript】Promiseオブジェクトを作成するJavaScriptで非同期処理を行うときはPromiseを使うと良いことを前回の記事で解説しました。今回はそのPromiseオブジェクトをどうやって作るかを学習します。Promiseオブジェクトの作成方法とthen, catchの使い方を学習します。...
【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTAにて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、「【学習コンテンツ】Web開発」と「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材を使って学習を進めていただきます。

【学習コンテンツ】Web開発」に用意している学習コンテンツのスライドも「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材をベースに作っています。

あわせて読みたい
【初心者向け】The Web Developer Bootcampはじめに 「The Web Developer Bootcamp」はWeb白熱教室の「学習コンテンツ」のベースとなっている教材です。 ...
あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Udemyの教材や、Web白熱教室の学習コンテンツを使った学習プランの提示 (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 教材・学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)

その他注意点

1人で対応していることもあるため、対応が難しくなった場合は急遽募集を終了する可能性もあることをご了承ください。

もしくは、僕以外にメンターを増やすことで募集を継続するということも考えているため、その場合は現在のプラン料金の値段を上げることなると思います。

仮にプラン料金を上げる場合は、『現在のプラン料金 × メンター人数』の料金になるかと思います。

現在の値段が5000円なので、1日1本ペットボトルジュースを買うのを我慢することで(約160円)、効率よく学習できるので費用対効果はかなり高いかなと自負しています。

また、今後メンターが増えて、プラン料金が10000円15000円と上がったとしても、月々の料金は申し込んだときの料金となるので、5000円のときに契約した場合はずっと5000円で受講することができます。

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です