JavaScript

Node.JSをインストールする【画像解説付き】

どうも、つよぽんです!

今回は、「Node.jsのインストール方法」について画像つきで解説します。

今回使っている画像はMac環境での画像になるため、Windowsの場合はもしかしたら微妙に動作が変わってくるかもしれないです。

そのときは「Node.js windows インストール」とGoogle検索していただければWindows用のインストール解説記事が出てくると思うので、そちらの記事も参考にしていただけたらと思います。

今回の記事の内容は以下の解説記事でも使っているスライドの内容をさらに詳しく解説したものとなります。

あわせて読みたい
Node.JSの環境を整える【インストールする】今回は自身のパソコンにNode.JSをインストールする方法を説明します。簡単にインストールする方法は本家サイトからインストールすると良いでしょう。Node.JSのバージョンを複数使いたい場合はnvmというツールを使うと、複数のNode.JSのバージョンを管理できるようになります。...

今回の記事は次のような方に向けて書きました。

想定読者
  1. Node.jsのインストール方法を知りたい方
  2. ターミナルでJavaScriptを実行できるようにしたいと思っている方

この記事を読み終えた後のあなたは次のことがわかるようになっています。

この記事を読み終えた後のあなた
  • Node.jsのインストール方法がわかるようになる
  • ターミナルでJavaScriptを実行できるようになる

それでは以下の内容で話を進めていきます。

今回の内容
  1. Node.jsをインストーラ経由でインストールする【初心者向け】
  2. Node.jsをnvm経由でインストールする【中・上級者向け】

Node.jsをインストーラ経由でインストールする【初心者向け】

この章では、一番簡単なNode.jsのインストール方法を解説します。

推奨版のNode.jsインストーラを本家サイトからダウンロードする

まずは「Node.jsのサイト」にいって推奨版をダウンロードします。

Node.jsのサイト」に行くと以下の画像のようなページが表示されるので、赤枠で囲っている「推奨版」と書かれている方をクリックして、Node.jsのインストーラをダウンロードしてください。(※画像をクリックすると別タブで画像を開きます)

本家サイトから推奨版をダウンロード本家サイトから推奨版をダウンロード

ダウンロードした推奨版のNode.jsインストーラを起動して指示に従う

Node.jsインストーラのダウンロードが完了したら、以下の画像のように、ダウンロードしたインストーラを起動してください。(※画像をクリックすると別タブで画像を開きます)

ダウンロードした推奨版のインストーラを起動したときの様子ダウンロードした推奨版のインストーラを起動したときの様子

インストーラが起動したら、あとはインストーラの指示に従って「続ける」を押し続ければ、最終的にNode.jsのインストールが完了します。

Node.jsのインストールに成功しているかターミナルで確認する

インストーラでの作業が一通り終わり、Node.jsのインストールが完了したら、ターミナルを開いて「node -v」というコマンドを実行してください。

以下の画像のように、インストールしたNode.jsのバージョンが表示されればNode.jsのインストールは正しく成功していることを表します。(※画像をクリックすると別タブで画像を開きます)

Node.jsのコマンドを叩いてインストールが成功したか確認するNode.jsのコマンドを叩いてインストールが成功したか確認する

もし、「node -v」を実行しても上の画像のようなNode.jsのバージョンが表示されていない場合は、Node.jsのインストールが出来ていない可能性があります。

そのときは、もう一度Node.jsのインストール作業を再びはじめから行ってみてください。

それでもうまくいかない場合は、「Node.js インストール うまくいかない」などとGoogle検索すると、解決できる記事が出てくるかなと思います。

Node.jsをnvm経由でインストールする【中・上級者向け】

こちらは「中・上級者」向けのNode.jsインストール方法の説明をします。

nvmでNode.jsをインストールする

結論をいうと「nvm」というものを使います。

「nvm」のインストール方法についてはかなり長くなるので、「GitHubのレポジトリ」に書いてあるドキュメントを見ながら進めていただけたらと思います。

nvmとは何か?

「nvm」は「GitHubのレポジトリ」の説明を見ると分かる通り「Node Version Manager」の略で、「複数のNode.jsのバージョンを管理するツール」となります。

例えば、次のような場面があったとします。

  1. あるプロジェクトではNode.jsのバージョンが8系じゃないと動かない
  2. 別のプロジェクトではNode.jsのバージョンが10系じゃないと動かない

このように、Node.jsアプリケーションが特定のNode.jsのバージョンに依存しているときに、複数のバージョンを簡単に行き来できる環境でないと開発が大変になります。

もし「nvm」のような「複数のNode.jsのバージョンを管理するツール」を使っていない場合は、必要に応じてNode.jsのインストール・アンインストールを繰り返して行う必要があります。

しかし、「nvm」を使うことで、複数のNode.jsのバージョンを行き来できるようになるので、一度インストールしてしまえばいつでも好きなバージョンのNode.jsを使えるようになります。

まとめ

今回の話をまとめると次のとおりです。

今回のまとめ
  • Node.jsのサイトからインストーラ経由でインストールする方法が一番簡単
  • 複数のNode.jsのバージョンを管理できるようにしたい場合は「nvm」を使うと良い

今回の内容は以下の記事内のスライドの補足資料として作成しました。スライドの全部を確認したい方は以下の記事も参照して頂けたらと思います。

あわせて読みたい
Node.JSの環境を整える【インストールする】今回は自身のパソコンにNode.JSをインストールする方法を説明します。簡単にインストールする方法は本家サイトからインストールすると良いでしょう。Node.JSのバージョンを複数使いたい場合はnvmというツールを使うと、複数のNode.JSのバージョンを管理できるようになります。...
【3つの特典付き】Webエンジニアに必要な基礎スキルを体系的に効率良く身につけたいですか?

LINE登録で無料特典を受け取る

次のような方向けに、学習をサポートするコンテンツを無料プレゼントしています。

  • Webエンジニアになりたいけど何から学習を始めれば良いかわからない
  • 今まで独学で頑張ってきたけど、独学に限界を感じてきた
  • プログラミングは出来るけど、大きめのコードが書けない

「プレゼント詳細が知りたい」「プレゼントを受け取りたい」といった方は、以下のボタンをクリックして詳細ページをご確認ください。

無料特典を受け取る

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です