JavaScript

package-lock.jsonの役割とは?【Node.js】

どうも、つよぽんです!

今回は、npm installでライブラリをインストールすると自動で作成・更新される「package-lock.jsonとは何か?」について解説していきます。

今回の記事の内容は以下の解説記事でも使っているスライドの内容をさらに詳しく解説したものとなります。

あわせて読みたい
【Node.JS】package-lock.jsonの役割を理解する今回はnpmでライブラリをインストールするときに自動で生成されるpackage-lock.jsonが何を意味するのか学習します。結論から言うとpackage-lock.jsonで行っていることは依存ライブラリのバージョンの固定です。バージョンを固定する意味も学習します。...

今回の記事は次のような方に向けて書きました。

想定読者
  1. 「npm install」ライブラリをインストールする方法を理解している
  2. 「package-lock.json」がどんな役割を果たしているのか分からない

この記事を読み終えた後のあなたは次のことがわかるようになっています。

この記事を読み終えた後のあなた
  • 「package-lock.json」の役割がわかるようになる
  • package.jsonに記述されているライブラリのバージョンの読み方がわかるようになる

それでは以下の内容で話を進めていきます。

今回の内容
  1. package-lock.jsonとは
  2. package-lock.jsonは依存ライブラリのバージョンを固定する

package-lock.jsonとは

package-lock.json」はnpmコマンド、つまり「npm install ライブラリ名」でライブラリをインストールすると自動で作成されるファイルとなります。

npm installを実行する前のディレクトリ内の様子

以下の画像は「npm install ライブラリ名」を実行する前のディレクトリ内の様子をあらわしたものになります。(※画像をクリックすると別タブで画像が開きます)

npm installでライブラリをインストールする前はpackage-lock.jsonは無いnpm installでライブラリをインストールする前はpackage-lock.jsonは無い

上の画像内の赤枠部分をみて分かる通り、package.jsonだけが表示されていて、package-lock.jsonはまだ作られていません。

npm installを実行した後のディレクトリ内の様子

以下の画像は、package-lock.jsonがディレクトリ内に存在しない状態から「npm install ライブラリ名」を実行して、package-lock.jsonが作成された様子をあらわしたものです。(※画像をクリックすると別タブで画像が開きます)

npm installでライブラリをインストールした後にpackage-lock.jsonは自動で作成されるnpm installでライブラリをインストールした後にpackage-lock.jsonは自動で作成される

上の画像内の赤枠部分をみて分かる通り、さきほどまで「package.json」のみでしたが、package-lock.jsonも新たに作成されました。

上の画像のディレクトリ内をよく見ると、package-lock.json以外にも「node_modules」ディレクトリが自動で作成されていうのがわかるかと思います。

こちらは以前書いた記事「npmでライブラリをインストールする方法【Node.JS】」でも書いていますが、インストールしたライブラリ本体が格納されるディレクトリとなります。

そして、「package-lock.json」が存在する状態で、新たに別のライブラリを「npm install」でインストールした場合は、「package-lock.json」の中身は自動で更新されます。

package-lock.jsonの更新はパッと見ではわかりづらいです。

しかし、プロジェクトをgitでバージョン管理している場合は、ライブラリをインストールした後に「git status」コマンドを実行すると「package-lock.json」に変更があったことが確認できます。

はじめてのGit!git statusで変更内容を確認する方法

package-lock.jsonは依存ライブラリのバージョンを固定する

前の章で、「package-lock.json」が「npm install」をすると自動で作成・更新されるということを説明しました。

この章では、package-lock.jsonの役割について解説します。

この章の見出しでも既に書いてあるとおり、package-lock.jsonの役割は「依存ライブラリのバージョン固定」になります。

おさらい : package.jsonのdependenciesとdevDependenciesの役割

「npm install ライブラリ名」でライブラリをインストールするとpackage.json内の「dependencies」、「devDependencies」のいずれかにライブラリ情報が自動で追記されていきます。

dependenciesとdevDependenciesによって、node_modulesがない場合でも、「npm install」を実行するだけで依存ライブラリを一気にインストールすることができます。

「dependencies」「devDependencies」「npm installで一気にインストール」に関することを詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく解説しているのでそちらを参照していただけたらと思います。

あわせて読みたい
npmでライブラリをインストールする方法【Node.JS】今回はnpmを使ってライブラリをインストールする方法を解説します。ライブラリをインストールする方法によって、package.jsonの記述のされ方が変わってきます。またライブラリを全部削除したとしてもpackage.jsonの情報を使って依存ライブラリを一気にインストールすることもできます。...

dependencies・devDependenciesで指定しているライブラリバージョンは固定されている?

package.jsonの「dependencies」と「devDependencies」のライブラリ情報の右側に書いてある数字は、依存ライブラリのバージョン情報になります。

以下の画像の赤枠で示している部分がライブラリのバージョン情報をあらわしている部分です。(※画像をクリックすると別タブで画像が開きます)

package.jsonのライブラリバージョンの読み方package.jsonのライブラリバージョンの読み方

上の画像の場合は「^4.16.4」と書いてあるので、バージョンが4.16.4のライブラリをインストールすると考える方もいらっしゃるかるかと思います。

結論を言うと、「^4.16.4」という記述は「4.16.4」をインストールするとは限りません。

詳しくは以下の参考記事に任せますが、「^」がついている場合は、一番左のバージョンを固定した、一番最新のバージョンという意味になります。

つまり、今回の場合は「^4.16.4」なので、バージョン範囲は「4.xx.xx」の中でも最新版ということになります。

例えば、「^4.16.4」とかいてあっても、バージョン4系の最新が「4.99.99」の場合は、「4.99.99」を使うことになります。

package-lock.jsonでインストールするライブラリのバージョンを固定する

package.jsonで指定しているライブラリのバージョンは、「^」や「~」などが先頭についていると、厳格な意味でバージョンが固定されていないことを説明しました。

なので、ライブラリのバージョンが固定されておらず、常に最新のバージョンをインストールするようになると、ライブラリのバグや、仕様変更によって動かなくなる可能性があります。

そのため、インストールしたライブラリがうまく動くことが確認できたら、そのライブラリバージョンを固定する必要があります。

そこでバージョンを固定するために「package-lock.json」が重要になってきます。

「package-lock.json」の中身を見ると、インストールしたライブラリの他に、そのライブラリが依存しているライブラリも含めて、全てのライブラリ情報が記述されています。

その中で、各ライブラリの中に「version」という項目があり、「npm install」でライブラリを一気にインストールするときは、この「version」に対応するライブラリをインストールします。

package.json」ではライブラリのバージョンを固定していなくても、このように「package-lock.json」がインストールするライブラリのバージョンを固定してくれているのです。

まとめ

今回の話をまとめると次のとおりです。

今回のまとめ
  • package-lock.jsonは「npm install ライブラリ名」を実行すると自動で作成・更新されるファイル
  • package-lock.jsonの役割は、依存ライブラリのバージョンを固定すること
  • package.jsonに書かれているライブラリのバージョン情報は固定されているとは限らない

今回の内容は以下の記事内のスライドの補足資料として作成しました。スライドの全部を確認したい方は以下の記事も参照して頂けたらと思います。

あわせて読みたい
【Node.JS】package-lock.jsonの役割を理解する今回はnpmでライブラリをインストールするときに自動で生成されるpackage-lock.jsonが何を意味するのか学習します。結論から言うとpackage-lock.jsonで行っていることは依存ライブラリのバージョンの固定です。バージョンを固定する意味も学習します。...
【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTAにて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、主に「【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めていただきます。

あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Web白熱教室の学習コンテンツをメインに、指定した教材を使って学習する (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)
  7. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)

その他注意点

1人で対応していることもあるため、対応が難しくなった場合は急遽募集を終了する可能性もあることをご了承ください。

プラン契約者数が35人に達したら値上げする予定です

現在の値段は10000円です。

つまり、「月の飲み会3回くらいの金額」となります。

飲み会に行く代わりに、学習時間を優先すると考えれば自己投資としてはだいぶリーズナブルかと思います。

1日1回、カフェでコーヒー1杯分くらいの値段(約330円)」で以下の環境が手に入るとイメージして頂けたらと思います。

1日330円で手に入る環境
  1. コードを添削してもらえる
  2. 学習したことのアウトプットに対してフィードバックしてもらえる
  3. いつでも質問出来る
  4. 週1のオンライン講義に参加できる
  5. 過去のオンライン講義動画を好きな時間に復習できる(いつでも閲覧可能)
  6. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加できる(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)
  7. 自分の住まいの近場のメンティーさん同士で集まって、オフラインで勉強会を開くのも可能(初めて開催する場合は事前に僕に連絡をいただけたらと思います)

ただ、プラン契約者数が35人に達したら15000円値上げする予定です。
(2019年2月21日現在のプラン契約者数は30人)

値上げする理由は次のとおりです。

値上げ理由
  1. このプランを始めた当初(2018年9月)と比べて、学習コンテンツ(スライド・課題・動画)が充実してきた
  2. このプランに参加していただいているメンティーさんの中から、「Web未経験から学習を初めて2~3ヵ月くらいで案件獲得までこぎつけることができた」という実績ができた
  3. 学習サポート(コードレビューや質疑応答など)を1人で行っており、人数が増えすぎるとサポートに支障が出てくるため、値上げという形で参加ハードルをあげた
    (人数を制限することによりサポートの質を維持するため)

今後も契約者が増えたり、学習コンテンツがさらに充実していった場合は段階的に料金改定させていただく予定です。

契約した時点の金額がずっと継続される

現在、学習プランを提供しているプラットフォームである「MENTA」の性質上、契約した時点の金額は変わることがありません。

つまり、今後プラン料金が15000円20000円と上がったとしても、月々の料金は申し込んだときの料金となるので、10000円のときに契約した場合は、受講中はずっと10000円で受講することができます。

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です