【エクササイズ】入力内容に応じてalertメッセージを切り替える

課題
  • 入力内容に応じてアラートダイアログのメッセージ内容を切り替える
  • 比較演算子を使う
  • 条件分岐を使う
  • ブラウザの「alert」関数を使って、メッセージ付きのアラートダイアログを表示する
  • GitHubに用意した課題の内容を確認して、課題クリアがこの記事でのゴールです

課題内容は以下の課題レポジトリに記述しています。

課題レポジトリ

GitHub : js_excercise_for_grammar_2

課題解決するために参考になる資料

JavaScriptで値を確認する方法(デバッグ方法)

あわせて読みたい
JavaScriptで値を確認する方法(デバッグ方法)プログラミングをしていて不具合が発生したときに、その不具合の原因を突き止める作業が重要になります。この作業のことを「デバッグ」と呼び、変数の中身や関数の実行結果の値を確認する必要があります。今回はデバッグする際に便利な機能の使い方を紹介します。...

今回の課題では、「alert関数」を使って入力内容に応じて異なる結果アラートダイアログに表示します。

alertの使い方は上記の学習コンテンツ記事で解説しました。

JavaScriptでBooleanを取得する3つの方法

あわせて読みたい
JavaScriptでBooleanを取得する3つの方法Booleanとは「true」「false」の2つの値のことです。true・falseの値を取得するには直接「true」「false」という値を使う他に「比較演算子」「論理演算子」を使う方法があります。それぞれ3つの使い方を覚えていきましょう。...

今回の課題では、文字列の値に応じてアラートダイアログに表示する結果内容が変わってきます。

文字列の値が意図したものかどうかをチェックするには「比較演算子」を使うことで可能です。

例として、「‘Hello’ === ‘Hello’」はtrueとなり、「‘hello’ === ‘HELLO’」はfalseとなります。

つまり「===」を使うことで左の値右の値の値が完全に一致しているかどうかをチェックすることが出来るのです。

比較演算子の使い方を忘れてしまった場合は、上記の学習コンテンツ記事で復習しましょう。

JavaScriptでif-elseを使った条件分岐

あわせて読みたい
JavaScriptでif-elseを使った条件分岐プログラミングで条件に応じて処理を切り替えたいときに使う「条件分岐」について学習します。条件分岐を行うためには「if」「else if」「else」というキーワードを使いますが、それぞれ3つの使い方についても詳しく解説します。...

今回の課題では、①晴れ②くもり③雨、そして①②③以外の文字列に応じてアラートダイアログに表示するメッセージ内容を切り替えます。(=処理を切り替える)

処理を切り替えるためには条件分岐を行う必要があり、JavaScriptで条件分岐を行う場合は「if」「else if」「else」の3つのキーワードを使うことが出来ます。

条件分岐のやり方については上記の学習コンテンツ記事で解説しています。

質問・答え合わせ受け付けてます

課題に関して質問や答えの確認をしたい方はお気軽にご連絡をいただけたらと思います。

お問い合わせ・TwitterのDMのどちらでも受けて受けています。TwitterのDMのほうが早く気づけるので早めに返信できるかと思います。

あわせて読みたい
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!プログラミングやWebで困っていることに対して何でも質問受け付けています。「こんなこと質問しても大丈夫かな」と思っている方のために過去にどんな質問があったのか一例で挙げているので参考にしていただけたらと思います。...
【3つの特典付き】Webエンジニアに必要な基礎スキルを体系的に効率良く身につけたいですか?

LINE登録で無料特典を受け取る

次のような方向けに、学習をサポートするコンテンツを無料プレゼントしています。

  • Webエンジニアになりたいけど何から学習を始めれば良いかわからない
  • 今まで独学で頑張ってきたけど、独学に限界を感じてきた
  • プログラミングは出来るけど、大きめのコードが書けない

「プレゼント詳細が知りたい」「プレゼントを受け取りたい」といった方は、以下のボタンをクリックして詳細ページをご確認ください。

無料特典を受け取る