【エクササイズ】JavaScriptのスコープ・高階関数・即時関数の理解度チェック

課題
  • JavaScriptの変数スコープ・高階関数(コールバック関数)・即時関数の課題をクリアする
  • GitHubに用意した課題の内容を確認して、課題クリアがこの記事でのゴールです

課題内容は以下の課題レポジトリに記述しています。

課題レポジトリ

GitHub : js_excercise_for_grammar_6

課題解決するために参考になる資料

JavaScriptの変数のスコープを理解する

あわせて読みたい
JavaScriptの変数のスコープを理解する今回は「変数のスコープ」について学習します。プログラムのどこからでもアクセスできる変数とできない変数はこのスコープの概念によって決められます。またスコープには「ブロックスコープ」「関数スコープ」というものがあり、それぞれの違いについても学習します。...

今回の課題では変数のスコープについて説明する課題が用意されています。

具体的には次の2つのスコープについて自身の言葉で説明していただきます。

説明する2つのスコープ
  1. ブロックスコープ
  2. 関数スコープ

それぞれのスコープの概念を自分の言葉に落とし込んで説明することで、より深く理解することが出来ます。

ブロックスコープ」「関数スコープ」がわからない場合は上記記事を参考にしていただけたらと思います。

JavaScriptのコールバック関数と高階関数を理解する

あわせて読みたい
JavaScriptのコールバック関数と高階関数を理解するJavaScriptの中でも初心者にとって1つの壁である「コールバック関数」について学習します。「コールバック関数」を理解するためには「高階関数」という概念を理解する必要があります。コールバック関数は頻繁に出てくる書き方になるのでここでマスターしましょう。...

今回の課題の1つに「高階関数」を使うものがあります。

JavaScriptでは「コールバック関数」というものをよく利用します。

そして「コールバック関数」を正しく理解するには「高階関数」の理解が必要になってきます。

上記記事で「高階関数」「コールバック関数」について解説しているので、「高階関数」「コールバック関数」の理解に自信が無い方は上記記事で復習することをオススメします。

JavaScriptの即時関数を理解する

あわせて読みたい
JavaScriptの即時関数を理解するJavaScriptの「即時関数」について学習します。即時関数とは関数の定義と実行を同時に行うものです。即時関数を使うことによって、変数・関数の影響範囲(スコープ)を限定することが出来ます。つまりプライベートな変数・関数を作ることが出来ます。...

JavaScriptでは変数や関数のスコープ範囲を閉じ込めるために即時関数というものを使うことがあります。

この「変数や関数のスコープ範囲を閉じ込める」ことを「プライベート化」「カプセル化」と言ったりもします。

「即時関数の作り方」「即時関数を作る意味」などを知りたい方は上記記事を参考にしていただけたらと思います。

質問・答え合わせ受け付けてます

課題に関して質問や答えの確認をしたい方はお気軽にご連絡をいただけたらと思います。

お問い合わせ・TwitterのDMのどちらでも受けて受けています。TwitterのDMのほうが早く気づけるので早めに返信できるかと思います。

あわせて読みたい
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!
【絶賛受付中】プログラミング・Webの相談お気軽にどうぞ!プログラミングやWebで困っていることに対して何でも質問受け付けています。「こんなこと質問しても大丈夫かな」と思っている方のために過去にどんな質問があったのか一例で挙げているので参考にしていただけたらと思います。...
【3つの特典付き】Webエンジニアに必要な基礎スキルを体系的に効率良く身につけたいですか?

LINE登録で無料特典を受け取る

次のような方向けに、学習をサポートするコンテンツを無料プレゼントしています。

  • Webエンジニアになりたいけど何から学習を始めれば良いかわからない
  • 今まで独学で頑張ってきたけど、独学に限界を感じてきた
  • プログラミングは出来るけど、大きめのコードが書けない

「プレゼント詳細が知りたい」「プレゼントを受け取りたい」といった方は、以下のボタンをクリックして詳細ページをご確認ください。

無料特典を受け取る