JavaScript

【基礎から学ぶ】JavaScriptのクリック【実例3パターン】

【基礎から学ぶ】JavaScriptのクリック【実例3パターン】

今回はフロントエンド開発の時に良く実装されるクリックイベントについて話をしていきます。

このボタンを押したらクリックしたら、表示を切り替えたいなー

ここの部分一回クリックしたら2回目以降はクリックできないようにしたいなー

上記以外にも、特定の要素をクリックしたら「こういう動きつけたいなー」などと思っている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事ではクリック処理をこれから初めて実装する人に向けて「イベント」の基本から、実際にWebページ開発でよく使われるイベントである「クリック」についてサンプルコードを交えて説明します。

この記事の内容
  • イベントとは
  • addEventListenerでイベントを登録する
  • 開発によく使われるクリック処理3パターン

「クリック」イベントの実装サンプルだけ参考にしたい方は一番最後の項目である「開発によく使われるクリック処理3パターン」まで飛ばして読んでいただけたらと思います。

イベントとは

今回の話は主に「クリック(click)」について解説していきますが、その前に理解しておきたい「イベント(event)」という概念について説明します。

フロントエンド・バックエンド問わず、Web開発をしていると「イベント」という言葉を耳にします。

フロントエンドの場合のイベントとは次のものになります。

フロントエンドのイベント例
  • マウスをクリックする
  • マウスを動かす
  • Webページのスクロールする
  • キーボードを打ち込む
  • ブラウザサイズを変更する
  • Webページの読み込みが終わる

上記のイベント例以外にも20を超えるイベントが存在します。

このイベント例を元にイベントとは何かを定義すると、大きく分けて次の2種類に分けられます。

イベント定義
  1. ユーザー起因による操作: マウス操作やキーボード操作など
  2. ブラウザ起因による動作: Webページの読み込み完了、画像の読み込み完了など

この「イベント」という概念を理解すれば次に説明する「addEventListener」の理解がしやすいかと思います。

addEventListenerでイベントを登録する

前回の章で説明したイベントを追加するためには、「addEventListener」というものを使います。

言葉から意味を理解する

言葉の意味から理解すると頭にスッと入ると思うので、まずはそれぞれの単語を分解して意味を確認しましょう。

  • add(追加する)
  • Event(イベント(クリックやファイル読み込み完了など))
  • Listener(リスナー(イベントを検知した時に実行する処理))

「add」と「Event」に関しては名前から意味を推測することは出来ますが、最後の「Listener」とは何を表しているでしょうか?

ここでいう「Listener」とは、「処理そのもの」を指しています。

「addEventListener」を訳すと「イベント処理を追加する」という意味になります。

addEventListenerに必要なもの

「addEventListener」を使うためには最低限次の3つが必要です。

addEventListenerで必要な3つ
  1. Eventターゲット
  2. イベントの種類
  3. イベントが検知されたときに実行する処理

上記の3つ以外にセット出来るものは、以下ドキュメントの「options」になります。

しかし、「options」に関しては利用する場面が少ないので今回は割愛しますが、別の記事で解説する予定です。

Eventターゲット

EventターゲットになるものはDOMや、ブラウザのWindowオブジェクトなど様々です。

  • DOM(Document Object Model) : ボタン・画像・文字などをJavaScriptで操作できるようにHTML要素
  • Windowオブジェクト : DOM含め、その他にもconsoleやalertなどブラウザが提供している機能を保持するオブジェクト

イベントの種類 (click, load など)

「イベントの種類」はその名通り、「click」「load」「mousemove」など「イベントの名前」になります。

どんなイベントが利用できるかは「MDNのEvent.addEventListener()」のドキュメントページ画面左にある「イベント」の項目から確認することが出来ます。

イベントが検知されたときに実行する処理

「イベントが検知されたときに実行する処理」とは「関数(function)」のことです。

addEventListenerの使い方

addEventListenerで必要な3つ
  1. Eventターゲット : (DOM, Windowオブジェクト)
  2. イベントの種類 : (click, load, mousemove)
  3. イベントが検知されたときに実行する処理 (関数(function))

それでは先程お話した必要な3つ項目を使って「addEventListener」をどのように使うかコードを使って説明します。

 

上記コードを実際に実行した結果

クリックイベントサンプル上記サンプルコードの実行結果

 

2つ目のサンプルコードがJavaScriptのコードになります。

JavaScriptのコードの2行目で「EventTarget」を取得しています。今回の場合は「h1」要素を「EventTarget」としました。

次に6行目で「addEventListener」を使って「EventTarget」をクリックしたときの処理をセットしています。

「addEventListener」の引数は次のようになります。

addEventListenerの引数
  • 第1引数にはイベントの種類をセット。今回の場合は「click」をセットした。
  • 第2引数にはリスナー(イベントが検知されたときに実行する処理=関数)をセット。

サンプルコードのコメントにも書いていますが、「リスナー」=「コールバック関数」となります。そして、今回のコールバック関数には「無名関数」を使っています。

「コールバック関数」「無名関数」については別記事で説明しているので、以下の記事を参考にしていただけたらと思います。

上記のサンプルコードの内容を元に、addEventListenerの使い方をまとめると以下のようになります。

①Eventターゲット.addEventListener(②イベントの種類, ③イベントが検知されたときに実行する処理)

実行結果を示したアニメーション画像を確認していただくと、h1要素をクリックした時に、アラートが表示されているのがわかるかと思います。

それは10行目にて「alert」メソッドを実行しているからです。

この「alert」は「③イベントが検知されたときに実行する処理」の中で定義されているので、クリックした時にアラートが実行されるのです。

開発によく使われるクリック処理3パターン

今までの章で「addEventListener」の使い方について説明してきました。

ここからは実際に開発でよく使われるクリック処理のパターン3つをサンプルコードを交えて解説していきます。

クリック時に実行したい関数に正しい引数をセットしたい

次のサンプルコードで、「正しい使い方」「誤った使い方パターン1」「誤った使い方パターン2」の3種類を用意しました。

今回のサンプルコードのシナリオは次のとおりです。

サンプルコードのシナリオ
  • イベントターゲットがクリックされたら「receiveNumber」関数を実行したい
  • receiveNumber関数には数値の「1」を渡したい

まずは8行目の「正しい使い方パターン」から説明します。

10行目のaddEventListenerの第2引数であるリスナーには「receiveNumber」関数をセットしておらず、無名関数をセットしています。

そして、無名関数内で「receiveNumber」関数を実行しています。

なぜ「addEventListener」の第2引数に直接「receiveNumber」をセットしなかったのでしょうか?

その答えは15行目の「誤った使い方パターン1」のコメント内容を読むとわかります。

「addEventListener」の第2引数にセットされるリスナー(=コールバック関数)は引数にEventオブジェクトを受け取ります。

そのため、もし直接「receiveNumber」関数を「addEventListener」の第2引数に渡してしまうと、「receiveNumber」は数値ではなくEventオブジェクトを受け取ります。

それでは24行目の「誤った使い方パターン2」はどうでしょうか?

こちらは「receiveNumber」関数を実行した結果をセットしているので、今回の場合だと「undefined」がセットされます。

そのためイベントターゲットがクリックされても何も実行されることはありません。

これら2つの誤った使い方は初心者がよく陥るミスになるので気をつけましょう。

1回しかクリックできないボタンを作る

正しい使い方パターンと誤った使い方パターンの2つに分けてサンプルコードを使って説明していきます。

まずは誤った使い方パターンから。

まず「addEventListener」で登録したリスナーは「removeEventListener」というメソッドを使って削除します。

使い方は基本的に「addEventListener」と同じで以下のようになります。

removeEventListenerの引数
  • 第1引数にはイベントの種類をセット。今回の場合は「click」をセットした。
  • 第2引数には「addEventListenerでセットした」リスナーをセット。

第2引数の「addEventListenerでセットした」リスナーが「removeEventListener」のキモとなります。

上記サンプルコードの9行目と12行目で「addEventListener」「removeEventListener」のそれぞれの第2引数に「clickOnce」関数をセットしています。

しかし「clickOnce」関数は「addEventListener」と「removeEventListener」で別々でコールバック関数として定義しているので、異なる関数となります。

そのため、removeEventListenerが意図したとおりに動かず何回もクリック時の処理が実行されてしまいます。

実行結果は次の画像のとおりです。

removeEventListenerを誤って使ったときの結果removeEventListenerを誤って使ったときの結果

 

それでは次に正しい使ったときのコードを確認しましょう。

「removeEventListener」を正しく使ったサンプルコードの場合は、clickOnceという関数を1つだけ用意しました。

「addEventListener」「removeEventListener」でこの同一の「clickOnce」関数を参照しています。

一度クリックした場合「removeEventListener」が実行されて、2回目以降のクリックは実行されません。

上記サンプルコードの実行結果は次の画像のとおりです。

removeEventListenerを正しく使った結果removeEventListenerを正しく使った結果

1回クリックしたら一定期間クリックできないボタンを作る

最後に一定の時間クリック処理を無効にするやり方をサンプルコードを使って説明します。

この機能が使われる場面は、非同期通信を使うところが考えられます。(例えばTwitter、Facebookのタイムラインの続きのデータを取得するなど。)

非同期通信が開始したときは一連の処理が終わるまでは、クリックイベントを無効にしたい場面がよくあります。

それでは次のサンプルコードを確認してみましょう。

サンプルコードでは「setTimeout」メソッドを使って擬似的に非同期通信を再現しました。

上記のコードでは「canClick」というフラグを使って、クリック時の処理を最後まで実行するか途中で中断するか判断しています。

今回の例だと、一度クリックしたらcanClickフラグをfalseにしており、2秒後にフラグをtrueに戻すことで2秒間ボタンが効かない時間を作っています。

サンプルコードの実行結果は次の画像のとおりです。

一定期間クリックを無効にする一定期間クリックを無効にする

まとめ

ここまで、フロントエンド開発でよく使われるクリック時の処理を実装するために必要な知識を説明していきました。

今回の内容をまとめると次のとおりです。

今回の記事のまとめ
  • Web開発には「イベント」という概念が重要
  • イベント」の種類の1つに「クリック(click)」がある
  • addEventListener」という機能を使ってクリック時の処理を登録する
  • 開発でよく使われるクリック処理の3パターンを解説した

もし今回の記事が「役に立った」「参考になった」と思っていただけたらシェアしていただけると泣いて喜びます!

【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTA にて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、主に「【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めていただきます。

あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Web白熱教室の学習コンテンツをメインに、指定した教材を使って学習する (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)
  7. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)

プラン受講者のレビュー

ありがたいことに、このプランを受講していただいているメンティーさんから高評価嬉しいレビューをいただけております。

以下のコメントは、これまで頂いたレビューコメントになります。(以下のレビューは一部で、全てのレビューはこちらのページからご確認いただけます。)

学習サイトがわかりやすく、実際にコードを書いて学べるのでスキルアップに繋がりました!
IT未経験ですが、ITサポート事務の仕事が決まり、簡単なプログラミングは任せて貰えるようになりました!
ありがとうございました^^*

お世話になって1ヶ月ほど経ちますが、コードレビューや質問対応などがとても丁寧で、とても助かっています。
また独自コンテンツやエクササイズなどもわかりやすく、勉強を進めやすいです。

初心者の私にでもとても丁寧に粘り強く
教えて頂けました。テキストや動画など見ながら
進めれましたし、質問にもすぐに回答いただけました。
ありがとうございました!

レスポンが早く、適切でとても助かりました。オリジナルコンテンツも充実しており、自分で調べてどうしても分からないところはメンターさんが教えてくださるので、プログラミング初心者の方には特におすすめです。

まだ始めたばかりですが、レビューや質問対応がとても早く丁寧でありがたいです。
ロードマップも用意されているので独学ではわからなかった学習手順がはっきりし、どのように勉強すればいいかが理解できました。

学習方法について、親身に相談に乗っていただき感謝しております。
現役エンジニアの立場から的確なアドバイスをいただき大変参考になりました。

まだメンターになって頂いてまだ間もないですが、とても感謝してます。この値段で申し訳なくなるレベルです。
・対応が丁寧。
→コードレビューでは細かい所まで指摘してくれる
→質問に対しては詳細な説明やレファレンスをつけて返信してくれる
・レスポンスが早い。
→遅くなるとしても前もって連絡してくれる
・学習の進め方や教材などもサポートしてくれる
・質問でなくても、学習状況などを報告するとフィードバックを返してくれる

その他、ペアプロや週一のオンライン会議での講義などもあり、かなりサポートも手厚いです。
特に、勉強したいけど何から始めればいいか分からないという方にオススメです。

未経験からWebエンジニアに内定・案件獲得した受講者のアウトプット

このプランで提供している学習コンテンツの最終課題をクリアしたメンティーさんに対して、ReactVueの学習をオススメしており、React・Vueのコードレビューも行っております。

以下のコメントは、最終課題をクリアしたあとにVueを学習して、「未経験からWebのフロントエンジニアの内定獲得」「未経験から案件獲得」を達成したメンティーさんのアウトプットです。

【進捗報告】
つよぽんさんにメンターになっていただき、この度Webエンジニア(フロント)として未経験から内定をいただく事ができました!
つよぽんさんから聞かれた事を中心に情報を共有したいと思います。

フロントエンド、バックエンドのスキルセット
-フロントエンド
HTML/CSS、JavaScript、Vue.js、Vuex、axios、Jest
-バックエンド
Node.js、express、MySQL、Sequelize、Mocha

面接時に見せたポートフォリオ
Vue.jsを使った簡単な自己紹介ページ、Web白熱教室のバックエンド最終課題にVue.jsを使って実装したフロントを連携し作成したTodoアプリ、この2つをポートフォリオとして転職活動をしました。Todoアプリは上のスキルセットにある技術を使用して作成しました。

面接時に良い印象を持っていただいた内容
・フロントとバックエンドの両方を学習している事
これは技術的な質問でWebの仕組みについての質問が結構あったので、両方学習してお
いて良かったなと感じました。
・技術に興味があると感じてもらえた事
最後の質問でなるべく自分の興味がある技術や自分がやってみたい事を伝えてアドバイ
スをもらったり、質問すると良い印象を持ってもらえました。

転職活動で感じた事
今回の転職活動で、ポートフォリオがいかに大事かというのを身を持って実感しました。ポートフォリオがないとそもそも面接しないという所が多かった印象です。ポートフォリオのレベルは高い方が良いとは思うのですが、しっかりアウトプットできている事が大事だと感じました。自分のポートフォリオもレベルは低かったので。

簡単にですが、まとめさせていただきました!
面接での質問内容など気になった事があれば、共有できればと思っているので、なんでも気軽にお聞きください。

進捗報告というか、現在どんなことやっているか報告しておきます!!


Vue+Laravelの案件を獲得することができました!!
元々副業ができるようになるを目標にしていたので、とりあえず目標達成です。
Laravelは完全独学で、ここでjsの基礎を学習した後にPHPの基礎から学習しました。
ですので、未経験から学習を初めて2~3ヵ月くらいで案件獲得までこぎつけることができたので、皆様の励みになればと思います。


会社で簡単なWebアプリを作って提案しました。自社装置のレイアウトを提案してくれるアプリです。expressとVueを使ってます。

もちろんVueを選択するメンティーさんだけなく、Reactを選択するメンティーさんもいらっしゃいます。

Reactを選択したメンティーさんの現在の状況としては以下のとおりです。

  • 新卒でWebエンジニアとして働き、1年目から希望する部署で働けている
  • プログラミングの基礎力、自己解決力・自走力を身につけ、FlutterやTypeScriptの学習も独学で進められている

 

1日1回カフェでコーヒー1杯頼むくらいの金額で参加できます

1日1回、カフェでコーヒー1杯分くらいの値段(約330円)」で以下の環境が手に入るとイメージして頂けたらと思います。

  1. コードを添削してもらえる
  2. 学習したことのアウトプットに対してフィードバックしてもらえる
  3. いつでも質問出来る
  4. 週1のオンライン講義に参加できる
  5. 過去のオンライン講義動画を好きな時間に復習できる(いつでも閲覧可能)
  6. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加できる(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)
  7. 自分の住まいの近場のメンティーさん同士で集まって、オフラインで勉強会を開くのも可能(初めて開催する場合は事前に僕に連絡をいただけたらと思います)

学習教材には、このサイトで用意している「【学習コンテンツ】Web開発」を使います。

【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めることで、Webのフロントエンドとバックエンドのスキルを身につけていくことができます。

プログラミングスクールとの比較

プログラミングスクールに通う場合は1ヶ月で10万円以上するところも多いですし、3ヶ月で50万円、更には100万円するところもあります。

プログラミングスクールの値段が高い理由は、「プログラミングスクールで働いている人の人件費」「就職のサポート」なども含まれているからです。

10万円50万円100万円」のいずれの場合も、自己投資とはいえ、支払うのにはだいぶ勇気がいる金額かと思います。

オススメの学習方法

個人的にオススメするのは、プログラミングのできるメンター(師匠)を見つけて、まずは1ヶ月プログラミング学習をしてみて、自分にプログラミングが向いているかどうか確かめてみることです。

10万円50万円100万円」を払って、学習していく中で「やっぱり自分にはプログラミングは向いてない」と判断した場合、その金額はかなりの痛手となります。

そのため、まずは「これくらいの金額なら最悪失っても痛くないな」の値段で教えてくれるメンターを見つけて、そのメンターに色々と質問をしてみましょう。

それで、「良さそうだな」と思ったら教えてもらうといった流れで学習を始めると、金額もだいぶ節約できます。

注意点

ただし、参加者が増えてきたら、1人1人へのサポートの質を維持するのが難しくなるので、値上げする可能性もあります。

値上げする理由は次の以下の理由となります。

  • 値段を上げて参加ハードルをあげることで、自己解決スキルも身につけたいと考えている学習意欲の高い人だけが参加するようになる
    • 調べたらすぐにわかることを、自分で調べずに何でもかんでも質問すると、自己解決スキルも身につかない
    • 更に、他のメンティーさんの対応する時間が取れなくなりサポートの質の低下にも繋がる

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です