バックエンド

Web開発でよく使う4つのHTTPメソッド【REST API】

どうも、つよぽんです!

今回は、「Web開発でよく使う4つのHTTPメソッド」を解説します。

特にAPIを使った開発をするときに、「HTTPメソッド」が何かを理解して実装することが大切になってくるので、ワンランク上の開発をする際には覚えておくべき知識となります。

今回の記事は次のような方に向けて書きました。

想定読者
  1. HTTPメソッドって何?
  2. よく使う4つのHTTPメソッドって何?
  3. REST APIって聞いたことあるけど何?

この記事を読み終えた後のあなたは次のことがわかるようになっています。

この記事を読み終えた後のあなた
  • HTTPメソッドの概要がわかるようになる
  • よく使う4つのHTTPメソッドがわかるようになる
  • REST APIの概要がわかるようになる

今回の記事の内容は以下の解説記事でも使っているスライドの内容をさらに詳しく解説したものとなります。

あわせて読みたい
Web開発でよく使うHTTPメソッドの種類を理解する今回はHTTPメソッドについて学習します。HTTPメソッドとはクライアントがサーバーに対してリクエストを投げるときに「サーバーにしてほしい操作」を伝えるために使います。具体的には「データの取得・作成・更新・削除」などの操作をお願いします。...

それでは以下の内容で話を進めていきます。

今回の内容
  1. HTTPメソッドとは
  2. Web開発でよく使う4つのHTTPメソッド
  3. REST APIはHTTPメソッドを活用したもの

HTTPメソッドとは

HTTPメソッドとは、「クライアントサーバーしてほしいことを依頼するための手段」となります。

例えば、「Webブラウザ」で「Web白熱教室のページ(今見ているこのサイト)」を表示する際は、次のような処理がクライアントサーバーの間で行われています。

  1. Webブラウザ(クライアント)が、
  2. Web白熱教室のサーバーに対して、
  3. ページ情報(=HTML形式のデータ)をください」と依頼して、データを受け取りページを表示する

このとき、クライアントがサーバーに依頼(=リクエスト)を投げる際に、リクエストの種類に応じてHTTPメソッドの種類を切り換えることができます。

以下の画像はデータのの取得を目的とする「GETメソッド」が使われているのをデベロッパーツールで確認した様子です。

ここで「GETメソッド」という名前を出しましたが、「GET」以外にもよく使うメソッドがあと3つあります。詳しくは次の章で解説します。

デベロッパーツールでどんなリクエストが使われているか確認できるデベロッパーツールでどんなリクエストが使われているか確認できる

 

デベロッパーツールでどんなリクエストが使われているか確認できるデベロッパーツールでどんなリクエストが使われているか確認できる

Web開発でよく使う4つのHTTPメソッド

前の章の終わりの方で「GETメソッド」について少しお話しました。

この章では「GET」以外に「POST」「PUT」「DELETE」について説明します。

GET」「POST」「PUT」「DELETE」以外にもHTTPメソッドはいくつかありますが、今回この4つを取り上げて說明する理由は、Web開発をする上で比較的多く使われるメソッドであるためです。

特にAPIを使ったWebサービス・アプリ開発を行うときによく使います。

そのため、プログラミングの基礎学習の次にAPIを使ったサービスづくりをしたいと考えている場合は、最低限今回說明する4つのメソッドの意味を理解しておきましょう。

それでは「GET」から順番に1つずつ説明していきます。

GET : データの取得

GET」はその名前の通り、何かしらデータ(=リソース)を取得するときに利用するHTTPメソッドです。

具体的には次のような場面でGETが使われます。

GETが使われる場面
  • Webページ(HTML, もしくはプログラムによって動的生成されたHTML)の取得
  • API経由でデータを取得
  • 画像データの取得
  • CSSファイルの取得
  • JavaScriptファイルの取得

POST : データの送信(主に新規作成)

POST」はクライアントからサーバーにデータを送信するときに使います。

新規にアカウントを作成するとき、Twitterやブログなどに新しく投稿するときなど「新規作成」で使われるのが一般的です。

具体的には次のような場面でPOSTが使われます。

POSTが使われる場面
  • Webページ上のフォームからデータを送る
  • SNSなどのアカウントを新しく作成するとき
  • 新しくブログを投稿するとき
  • Twitterで新しくツイートするとき
  • Facebookで新しくコメントを投稿するとき

PUT : データの送信(主に既存データの更新)

PUT」もPOSTと同様にクライアントからサーバーにデータを送信するときに使います。

しかし、新規作成より、既存データの「更新」で使われるのが一般的です。

具体的には次のような場面でPUTが使われます。

POSTが使われる場面
  • 既存アカウントに追加の情報を送る
  • 既存のブログ記事の更新
  • Twitterでの既存ツイートの更新
  • Facebookでのコメント編集

DELETE : データの削除

DELETE」は既存データを削除したいときに使います。

具体的には次のような場面でDELETEが使われます。

POSTが使われる場面
  • 既存アカウントの削除
  • 既存のブログ記事の削除
  • Twitterでの既存ツイートの削除
  • Facebookでのコメント削除

REST APIはHTTPメソッドを活用したもの

REST API(RESTful APIとも呼ぶ)」は、前の章で説明した「GET」「POST」「PUT」「DELETE」を活用したAPI実装のことです。

API URL 「/users/:id」を例に考える

今回は「REST API」がどんなものかイメージが付きやすいように、以下のシナリオで話を進めていきます。

シナリオ
  • Facebookのような「Bacehook」というSNSサイトがある
  • 「Bacehook」はIDを指定するとユーザー情報を取得できるAPI URL「/users/:id」を提供している
  • 「/users/1」でBacehookサーバーにリクエストを投げると、HTTPメソッドの種類に応じて、「ユーザーIDが1」の人に対する何かしらの処理が行われる

GET /users/1

「GET /users/1」でリクエストすると「ユーザーIDが1」の人の情報をクライアントに返します。

例えば「ユーザー名」「性別」などがユーザー情報となります。

POST /users

「POST /users」のように末尾に「/1」がついていないのは間違いではありません。

POSTに関しては前の章でも説明したとおり「データの新規作成」で使われるのが一般的です。

そして、ユーザーIDというのは新規作成された直後に初めて作成されるものなので、新規作成される前にはユーザーIDは存在しません。

「POST /users」でデータを送信するときは「ユーザー名」や「性別」など、登録に必要なユーザー情報を全て送信します。

PUT /users/1

「PUT /users/1」をリクエストする際に、ユーザー名も一緒にサーバーに送ると、「ユーザーIDが1」のユーザーの名前を更新します。

しかし、誰でも「ユーザーIDが1」のユーザーの情報を更新できると問題なので、大抵のWebサービスでは「ユーザーIDが1」のユーザーとしてログインしている人でないとこの処理が行えないようにしています。

DELETE /users/1

「DELETE /users/1」をリクエストする際は、URLから削除したいユーザーのIDがわかっているので(今回の場合はユーザーIDが1)、「POSTやPUTのようにデータを送る」ということはする必要がありません。

また、PUTのときと同様に、「DELETE /users/1」が行える状態だと、関係ない人も「ユーザーIDが1」の人を削除できてしまい問題なので、「ユーザーIDが1」のユーザーとしてログインしている人でないとこの処理が行えないようにしています。

REST APIのまとめ

GET /users/1」「PUT /users/1」「DELETE /users/1」のように、URLは同じだが、異なるHTTPメソッドを使うことで処理を切り換えるようなAPIをREST APIといいます。(今回の例ではPOSTだけURLが異なったため、GET・PUT・DELETEから省いた)

/users/1」で処理対象を指定して、「HTTPメソッド」でどんな処理をするかを指定することで、「どんなデータに対してどんな処理をする」というのが説明できるようになります。

また、1つのURLで複数の処理が行え、意味のある単位でURLをまとめることが出来るので、APIの管理もしやすくなります。

まとめ

今回の話をまとめると次のとおりです。

今回のまとめ
  • HTTPメソッドはクライアントがサーバーにどんなことをしてほしいのか教えるのに使う機能
  • Web開発で使うことが多いHTTPメソッドは「GET」「POST」「PUT」「DELETE」の4つ
  • REST APIとは、意味のある単位でURLをまとめて、同じURLに対しても異なるHTTPメソッドを使うことで処理を切り替えられるように実装したAPIのこと

今回の内容は以下の記事内のスライドの補足資料として作成しました。スライドの全部を確認したい方は以下の記事も参照して頂けたらと思います。

あわせて読みたい
Web開発でよく使うHTTPメソッドの種類を理解する今回はHTTPメソッドについて学習します。HTTPメソッドとはクライアントがサーバーに対してリクエストを投げるときに「サーバーにしてほしい操作」を伝えるために使います。具体的には「データの取得・作成・更新・削除」などの操作をお願いします。...
【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTA にて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、主に「【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めていただきます。

あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Web白熱教室の学習コンテンツをメインに、指定した教材を使って学習する (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)
  7. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)

1日1回カフェでコーヒー1杯頼むくらいの金額で参加できます

1日1回、カフェでコーヒー1杯分くらいの値段(約330円)」で以下の環境が手に入るとイメージして頂けたらと思います。

  1. コードを添削してもらえる
  2. 学習したことのアウトプットに対してフィードバックしてもらえる
  3. いつでも質問出来る
  4. 週1のオンライン講義に参加できる
  5. 過去のオンライン講義動画を好きな時間に復習できる(いつでも閲覧可能)
  6. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加できる(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)
  7. 自分の住まいの近場のメンティーさん同士で集まって、オフラインで勉強会を開くのも可能(初めて開催する場合は事前に僕に連絡をいただけたらと思います)

学習教材には、このサイトで用意している「【学習コンテンツ】Web開発」を使います。

【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めることで、Webのフロントエンドとバックエンドのスキルを身につけていくことができます。

プログラミングスクールとの比較

プログラミングスクールに通う場合は1ヶ月で10万円以上するところも多いですし、3ヶ月で50万円、更には100万円するところもあります。

プログラミングスクールの値段が高い理由は、「プログラミングスクールで働いている人の人件費」「就職のサポート」なども含まれているからです。

10万円50万円100万円」のいずれの場合も、自己投資とはいえ、支払うのにはだいぶ勇気がいる金額かと思います。

オススメの学習方法

個人的にオススメするのは、プログラミングのできるメンター(師匠)を見つけて、まずは1ヶ月プログラミング学習をしてみて、自分にプログラミングが向いているかどうか確かめてみることです。

10万円50万円100万円」を払って、学習していく中で「やっぱり自分にはプログラミングは向いてない」と判断した場合、その金額はかなりの痛手となります。

そのため、まずは「これくらいの金額なら最悪失っても痛くないな」の値段で教えてくれるメンターを見つけて、そのメンターに色々と質問をしてみましょう。

それで、「良さそうだな」と思ったら教えてもらうといった流れで学習を始めると、金額もだいぶ節約できます。

注意点

ただし、参加者が増えてきたら、1人1人へのサポートの質を維持するのが難しくなるので、値上げする可能性もあります。

値上げする理由は次の以下の理由となります。

  • 値段を上げて参加ハードルをあげることで、自己解決スキルも身につけたいと考えている学習意欲の高い人だけが参加するようになる
    • 調べたらすぐにわかることを、自分で調べずに何でもかんでも質問すると、自己解決スキルも身につかない
    • 更に、他のメンティーさんの対応する時間が取れなくなりサポートの質の低下にも繋がる

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です