プログラミング

【初心者向け】完全未経験者が3ヶ月でエンジニアになる方法 前編

【初心者向け】 完全未経験者が3ヶ月でエンジニアになる方法 後編

前編・後編にわけて、プログラミング未経験者が3ヶ月でプログラミングが出来るようになるまでの方法をステップ毎に説明していきます。

今回の記事で話すこと

前編の概要
  • 完全独学ではなく、プログラミング経験者に質問できる環境に行く
  • 最初は無料の学習サイトでも本でも良いから基本的な部分を学ぶ

次回の記事で話すこと

後編の概要
  • 簡単なもので良いから自分の作りたいものを考えて実際に作ってみる
  • 「うまく動かない」→「調べて解決」→「うまく動かない」→「調べて解決」… を繰り返して、調べる力(問題解決能力)を身につける
  • 3ヶ月のなかの各学習フェーズ(Web開発の場合)

本当に3ヶ月で達成できるの?

挫折せずに学び続けることが出来れば全然可能です!

ただ、「挫折」する人がたくさんいるのも事実です。

理系の人じゃないと無理だよー

勉強したけどいつまでたっても身についた気がしない

こんな発言をよく聞きますが、

  • それはプログラミングがどんなものか全くイメージがついていない
  • 学習の結果が目に見えづらい

このあたりが原因かと思います。

文系の人にはプログラミングは向いていない?

全くそんなことはありません。

ぼく自身、高校では文系を選択し、大学でも文学部出身のバリバリの文系でしたが

プログラミングを習得して今ではフリーランスエンジニアとして働いています。

プログラミングを挫折する人としない人でいったい何が違うのでしょうか?

一言でまとめると、

「効率のよい学び方を知らない」

につきます。

他の人が短期間でプログラミングを身に着けたのか参考になりそうな記事をいくつかあげておきます。

経験者からプログラミングの学び方を学ぶ

先生と生徒

プログラミング初心者が勉強でつまずくのは「何から学べばよいかわからない」状態で手探りで独学を始めてしまうことです。

独学は全然良いことですが、努力の方向が全く関係ない方向に進んでいったらいつまでたってもゴールにたどり着けません。

それを防ぐためにも、まずは「何から学ぶべきかをわかる人に聞くのが1番方法です。

プログラミングスクールに通えば先生が教えてくれるように、身近にエンジニアの知り合いがいれば連絡して、

あなた
あなた

「プログラミング始めようと思うんだけどどうやって学んでいけば良いかなー?」

って質問すれば効率の良い学び方を教えてくれるはずです。

身近に知り合いのエンジニアがいなかったとしてもWebサービスを使えば無料、もしくは安い金額で質問できるので活用しない手は無いでしょう。

もちろん、ぼくに質問するのも全然OKです!

お問い合わせ」からご連絡をいただけたらと思います。

メンター(師匠)をもつメリット

せっかく教えてくれる人を見つけたのであれば、教え方を学ぶだけではもったいないです。

相手によっては断られるかもしれませんが、可能であれば教えてもらった人にメンター(師匠)になってもらえないか聞いてみましょう。

メンターになってもらえたら以下のようなメリットがあります。

メリット
  • つまずいたときに気軽に質問が出来る
  • 書いたコードを見てもらって何が良いか・悪いか教えてもらえる
  • 次に何をすれば良いか教えてもらえる

さきほど紹介したWebサービスや、金銭的に余裕があればプログラミングスクールに使ってぜひ良いメンターを見つけてみましょう!

ぼく自身、継続的にオフライン・オンラインでプログラミング教育をしているので、

もしぼくに「話を聞いてみたい」「メンターになって欲しい」とかあれば「お問い合わせ」からお気軽にどうぞ!

基礎を学習する

 

メンターに学び方を教えてもらったあとはその内容をこなしていくだけですが、

プログラムを書く上で最低限やるべき基本的なことをあげていきます。

プログラムを学習する際にやるべきこと
  • 開発環境を整える
  • 基礎文法を学習する

開発環境を整える

今回の記事では未経験者がプログラミングを効率よく学習するという話で進めています。

その上で、ここでは必要最低限の環境さえ用意すれば良いので開発用のエディタだけ準備します。

エディタとは
  • メモ帳のように文章を書き込むソフト
  • 開発用のエディタとは通常のメモ帳の機能に加えてコードを書く際に便利な機能がついたもの

パソコンを買った時に最初からついているメモ帳でもコードを書くことは可能ですが、

開発用のエディタをインストールして使うことを強くオススメします

強くすすめる理由は下記の通りです。

開発用エディタをつかうメリット
  • コード補完
  • シンタックスハイライト

コード補完は、その名前の通りコードを書きながら全部書かなくても予測変換のようにこれから書こうとしているものをエディタ側が提示してくれるものです。

その機能によって、キーボードを打ち込む量が圧倒的に減ります。

次の図は「con」と打ち込んで、それに対する予測変換がされているところです。

コード補完のサンプル

次に、シンタックスハイライトの説明をします。

シンタックスとは、英語で書くと「syntax」で、「構文」という意味です。

その名前の通り構文(シンタックス)目立たせるもの(ハイライト)で、

次の図を見ると「class」「Animal」など単語ごとに色が異なっているのがわかるかと思います。

シンタックスハイライトのサンプル

このように色が異なることによってコードが読みやすくなり、

開発効率がだいぶ上がります。

他にも開発用エディタにはここでは書ききれないほどの機能があるのでここでは詳細には書きませんが、無料で使えるオススメのエディタを2つ紹介したいと思います。

無料で使えるオススメのエディタ

Visual Studio Codeは現在進行形でぼくも使っているエディタで、

正直これが無料で使えるのがビックリするくらいで、以前まではAtomを使っていたのですが、

Visual Studio Codeを知ってからもうAtomに戻れなくなりましたw

さきほどの「コード補完」「シンタックスハイライト」の画像がまさにVisual Studio Codeになります。

AtomからVisual Studio Codeに乗り換えたって行った手前、

それでもAtomをオススメするのはおかしいかもしれませんが、それでもAtomを含めたのは、

インストールした時点では必要最低限しか機能が含まれていないので比較的サクサク動きます。

必要最低限しか機能が無いということはVisual Studio Codeのほうが聞こえは良いかもしれませんが、どちらもプラグインという仕組みで自分が欲しい機能を追加することが出来ます。

そのため、自分が必要な機能だけ入れてそれ以外はパソコンの容量の問題もあるし入れたくないって人にはVisual Studio CodeよりもAtomのほうが良いかと思います。

それぞれのエディタについてまとめると下記のとおりです。

Visual Studio Code vs Atom
  • Visual Studio Codeはインストールした時点で機能が盛りだくさん
  • Atomはインストールした時点ではVisual Studio Codeほど機能は盛りだくさんではないが、軽量なためサクサク動く。
  • Visual Studio CodeもAtomもプラグインを使って機能を追加することが出来る

基礎文法を学習する

プログラムの勉強をする際に、そもそもプログラムをどうやって書くか学ばなければいけないのは言う前もありません。

学ぼうとしているプログラミング言語によって文法は微妙に変わってきますが、どのプログラミング言語でも以下は必須で基礎部分になりますので、ここを理解するところからスタートします。

最初に覚える基礎文法
  • 変数
  • 型(数値、文字列など)
  • 関数
  • 条件分岐
  • ループ処理

上記5つの項目について理解できれば簡単な簡単なアプリケーションは作れるようになります。

基本的にWebサービスやアプリケーションは上記5つを組み合わせて作り上げられます。

本を読んだり無料動画を観るだけの学習と比べて、実際に自分の手を動かして勉強したほうが圧倒的に早く成長します。

そもそもどうやってプログラムを書き始めればよいのかでわからない方は、

ドットインストール」や「プロゲート」などの動画教材を観ながら勉強すれば動画の動きを真似して進めれば良いので開発環境を整えやすいかと思います。

「動画を観る→止めて真似する→再開する→止めて真似する」を繰り返せば、少しずつですが確実に前へ進めます。

それでもうまく進められない場合は「経験者からプログラミングの学び方を学ぶ」でもお話したようにメンターに質問するというのも1つの方法です。

プログラミングスクールだと先生に質問して問題解決出来るように、メンターもあなたの先生なので、

どうしても作業が進められずプログラムを書き始めることすら出来ないと本末転倒なので仮に怒られるかもしれないと思っても、その一瞬だけ乗り越えましょう!

もしメンターが居ないとかであれば、ぼくに質問するというのもありなので

お問い合わせ」からご連絡いただけたらと思います^^

前編のまとめ
  • 効率よく学習するために助けとなるメンターをみつける
  • 開発用エディタをインストールして開発効率をあげる
  • 本・動画教材などを使い実際に手を動かしながらプログラムの基礎文法を学ぶ
  • 行き詰まったら恥を捨ててメンターに質問する

前編のこの内容をこなすだけでも挫折する確率はだいぶ下がるはずです。

次回の「【初心者向け】完全未経験者が3ヶ月でエンジニアになる方法 後編」は下記内容を話していきます。

後編の概要
  • 簡単なもので良いから自分の作りたいものを考えて実際に作ってみる
  • 「うまく動かない」→「調べて解決」→「うまく動かない」→「調べて解決」… を繰り返して、調べる力(問題解決能力)を身につける
  • 3ヶ月のなかの各学習フェーズ(Web開発の場合)

 

【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTA にて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、主に「【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めていただきます。

あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Web白熱教室の学習コンテンツをメインに、指定した教材を使って学習する (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)
  7. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)

1日1回カフェでコーヒー1杯頼むくらいの金額で参加できます

1日1回、カフェでコーヒー1杯分くらいの値段(約330円)」で以下の環境が手に入るとイメージして頂けたらと思います。

  1. コードを添削してもらえる
  2. 学習したことのアウトプットに対してフィードバックしてもらえる
  3. いつでも質問出来る
  4. 週1のオンライン講義に参加できる
  5. 過去のオンライン講義動画を好きな時間に復習できる(いつでも閲覧可能)
  6. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加できる(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)
  7. 自分の住まいの近場のメンティーさん同士で集まって、オフラインで勉強会を開くのも可能(初めて開催する場合は事前に僕に連絡をいただけたらと思います)

学習教材には、このサイトで用意している「【学習コンテンツ】Web開発」を使います。

【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めることで、Webのフロントエンドとバックエンドのスキルを身につけていくことができます。

プログラミングスクールとの比較

プログラミングスクールに通う場合は1ヶ月で10万円以上するところも多いですし、3ヶ月で50万円、更には100万円するところもあります。

プログラミングスクールの値段が高い理由は、「プログラミングスクールで働いている人の人件費」「就職のサポート」なども含まれているからです。

10万円50万円100万円」のいずれの場合も、自己投資とはいえ、支払うのにはだいぶ勇気がいる金額かと思います。

オススメの学習方法

個人的にオススメするのは、プログラミングのできるメンター(師匠)を見つけて、まずは1ヶ月プログラミング学習をしてみて、自分にプログラミングが向いているかどうか確かめてみることです。

10万円50万円100万円」を払って、学習していく中で「やっぱり自分にはプログラミングは向いてない」と判断した場合、その金額はかなりの痛手となります。

そのため、まずは「これくらいの金額なら最悪失っても痛くないな」の値段で教えてくれるメンターを見つけて、そのメンターに色々と質問をしてみましょう。

それで、「良さそうだな」と思ったら教えてもらうといった流れで学習を始めると、金額もだいぶ節約できます。

注意点

ただし、参加者が増えてきたら、1人1人へのサポートの質を維持するのが難しくなるので、値上げする可能性もあります。

値上げする理由は次の以下の理由となります。

  • 値段を上げて参加ハードルをあげることで、自己解決スキルも身につけたいと考えている学習意欲の高い人だけが参加するようになる
    • 調べたらすぐにわかることを、自分で調べずに何でもかんでも質問すると、自己解決スキルも身につかない
    • 更に、他のメンティーさんの対応する時間が取れなくなりサポートの質の低下にも繋がる

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です