コマンド

【ターミナル】コマンドによる自動化のススメ!!

【ターミナル】 コマンドによる自動化のススメ!!

プログラミングの勉強を初めてプログラミング以外にハードルが高く感じられるものの一つである「コマンド操作」。

今回の記事はこれだけは初心者でも覚えておいたほうが良いコマンドについてお話します。

Mac・Linuxで使えるコマンドを一緒に実行して練習してみる項目もあるので、ぜひ一緒に練習しましょう!

ちなみにWindowsのコマンドを今回使わないのは以下の理由からです

  • 開発の現場ではほとんどがMac・Linuxのコマンドが使われている
  • ぼく自身Windowsを持っていない。。

普段Windowsをお使いの方も、Windowsのコマンドを覚えるよりも基本的にはMac・Linuxで使われるコマンドを覚えておいたほうが仕事に役立つことが多いです。

WindowsでLinuxコマンドを使えるようにする場合は以下の記事が参考になるかと思い舞います。

コマンドになれると開発効率がグンっ!と高くなる

ぼくは初心者の時に、

つよぽん
つよぽん

黒い画面使えるようになったらハッカーみたいで格好良いなー!

と思っていましたw

そしてそんな中二病みたいな症状は今でも変わりませんw

ただ、「マウス操作が全くないってどうやって動かすの?めっちゃ難しそう。。

って思っていたのも事実で、同じように考えている初心者エンジニアの方もたくさんいると思います。

しかし、コマンド操作は基本的によく使うコマンドは限られていますし、むしろコマンドの使い方さえ覚えれば開発効率がグン!っと高くなるツールもたくさん用意されています。

一例をあげると、「Git」やRuby on Railsなどに代表される「Webフレームワーク」がそれにあたります。

GitやWebフレームワークなどのコマンド操作は覚えることがたくさんありますが、

今から少しずつでも簡単なコマンドに慣れておけば苦手意識を持たずに便利ツールを使えるようになるでしょう。

プログラミング学習の合間や休憩時間に簡単に試せるコマンドの説明もしていきます。

本記事の内容
  • そもそもコマンドって?
  • フロントエンド勉強中の初心者はターミナルは覚える必要ない?
  • 簡単なコマンド3選
  • コマンド操作が出来るようになったら出来ること

そもそもコマンドって?

コマンドとはMac・Linuxでは「ターミナル」、Windowsだと「コマンドプロンプト」を使ってパソコンに対してマウスカーソルではなくキーボードのみを使って命令をする機能のことです。

黒い画面」といえばイメージがつきやすいでしょうか?(ぼくはMacユーザーでMacに標準でついているターミナルは白い画面ですが。)

ターミナルのサンプル画面ターミナルの画面

 

上の添付画像はMacに標準でついているターミナルで、「echo」「ping」「ls」と書かれているところがコマンドになります。

コマンドの次の行以降に出力されている内容が実行したコマンド結果です。。

コマンドに普段慣れていない方からすると「意味わからん!」ってなりますが、最初はそれでも全く問題ないです。 っていうかそれが普通です^^

後ほど簡単なコマンドをいくつか説明するので、実際に一緒にコマンドを実行してみましょう。

フロントエンド勉強中の初心者はターミナルは覚える必要ない?

結論からから言うと学習始めたばかりの段階では必要ありません。

ある程度プログラミングやコーディングに慣れてきたタイミングで慣れてきてから始めるのが良いかと思います。

しかし実際の開発の現場ではフロントエンドでもコマンドを使う場面は多く見られます。

  • Gitを使ったバージョン管理(GUIのツールも存在します)
  • npmを使ったライブラリの管理
  • ReactやVueなど今どきのフロント技術を使うとき
  • GUIとは、Graphical User Interfaceの略で、クリックなどマウスを使って何か行うアプリケーションソフトはGUIに入ります。
  • GUIに対して、マウスを全く使わないアプリケーションソフトはCUIと呼びます。Character User Interfaceの略です。

もっと詳しく知りたい場合は「こちらのページ」が参考になるかと思います。

上記にあげた場面以外でも使うシーンは多々あるので、

まずはフロントエンドエンジニアを目指しているからターミナルは覚える必要ないよね?

あの黒い画面ちょっと生理的に受け付けなくて。。

エンジニアとして仕事をしたいと思っているのであれば、これらのような感情を乗り越えてターミナルに慣れていく必要があります。

それでは次の章から実際に手を動かしながら感覚をつかんでいきましょう^^

簡単なコマンド3選

今回紹介するコマンドは次のとおりです。

紹介するコマンド
  1. cd
  2. ls
  3. mkdir

cd

cd」は「change directory」の略でディレクトリの移動を行うコマンドです。

それでは次の画像はtmpディレクトリの中からスタートしてcdで更に下の階層のディレクトリに移動したら、一つ上のディレクトリ(親ディレクトリ)に行き来しているところです。

[cd]ターミナル

「tree」コマンドに関しては別途インストールする必要があるので今回の5選から外しましたが、何をやっているコマンドかというと、

現在いるディレクトリを基準に、それ以下の階層にはどんなディレクトリ・ファイルが存在するか階層構造に表示してくれるコマンドです。

話を「cd」に戻して、この画像で行っている流れは以下のとおりです。

  1. 「cd dir_1」で「dir_1」ディレクトリに移動
  2. 「cd ..」で「一つ上のディレクトリ」に移動 (=①のときと同じ位置に戻る)
  3. 「cd .」で現在地に移動(=どこにも移動しない)
  4. 「cd ..」で「一つ上のディレクトリ」に移動 (=①よりさらに一つ上のディレクトリに移動)

.」「..」に関してはHTMLやプログラムでもよく見かけるので既にご存知のかたもたくさんいるかも知れませんが念の為説明しておくと、

  • .」=「現在いるディレクトリ」
  • ..」=「一つ上のディレクトリ」

を表します。

実際にターミナル開いてcdでいろんなディレクトリにお出かけしてみましょう^^

ls

ls」は現在いるディレクトリの中を一覧で表示するコマンドです。

「ls」は「list」の省略形で、現在いるディレクトリ内を一覧表示(=list)します。

[ls]コマンド

上の画像を確認してみると、「tree」コマンドでは現在いるディレクトリの子階層の全ディレクトリを表示しています。

それに対して「ls」コマンドは「dir_1」「dir_2」「dir_3」と現在いるディレクトリ直下のディレクトリしか表示されていません。

それでは先程使った「cd」コマンドを使ってディレクトリの移動をして、

移動先で「ls」コマンドを実行してどんなファイル・ディレクトリがあるか確認してみて、

さらにディレクトリがあったら「cd」で移動して「ls」で中身を確認というプロセスを繰り返してみましょう。

その繰り替えしていくうちに、「cd」コマンドを使ったあとに「ls」コマンドを使うのがクセになってきますよ^^

mkdir

mkdir」はディレクトリを作るコマんです。コマンドの名前からも想像できるように「make directory」の略です。

では実際にディレクトリをマウスと使わずディレクトリで作れることを体験してみましょう。

[ls]コマンド

上の画像では最初に「ls」を実行したときには「dir_1」「dir_2」「dir_3」のディレクトリが表示されています。

その後「mkdir」コマンドを使って「dir_4_by_command」というディレクトリを作成して、「ls」で確認すると「dir_4_by_command」も表示されているのが確認できます。

それではここまで見てきたコマンドを使って、マウスを使わなくてもパソコンの操作が出来ること実感してみてください。

ぼくは初めてこれらのコマンドを使ったときは、なんだかすごい人に慣れた気分に浸っていましたw

コマンド操作が出来るようになったら出来ること

ここまで以下のような構成で話してきました。

  • コマンドとは何か?
  • フロントエンドでも今どきターミナルをバリバリ使うよ
  • 簡単なコマンドを使って少しずつにターミナルに対する苦手意識を取り除く

ここまで話してきたことは序の口で、ターミナルで出来ることは本当にたくさんあって、

特にぼくが思う一番良いところは「自動化」が出来ることです。

この「自動化」に慣れてしまうといろんなことを自動化したくなっていき、「プログラマの三大美徳」の一つである「怠惰」を身につけることが出来るでしょう^^

そもそもプログラムというものはあらかじめ組んだプログラムによって決められた処理をこなすものです。

言い換えると、「処理の自動化」というをおこなっているということです。

プログラムにも慣れて、コマンドにも慣れてきたら普段行っている面倒だなと思っている作業を「自動化」してみてはいかがでしょうか^^

【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTA にて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、主に「【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めていただきます。

あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Web白熱教室の学習コンテンツをメインに、指定した教材を使って学習する (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)
  7. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)

1日1回カフェでコーヒー1杯頼むくらいの金額で参加できます

1日1回、カフェでコーヒー1杯分くらいの値段(約330円)」で以下の環境が手に入るとイメージして頂けたらと思います。

  1. コードを添削してもらえる
  2. 学習したことのアウトプットに対してフィードバックしてもらえる
  3. いつでも質問出来る
  4. 週1のオンライン講義に参加できる
  5. 過去のオンライン講義動画を好きな時間に復習できる(いつでも閲覧可能)
  6. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加できる(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)
  7. 自分の住まいの近場のメンティーさん同士で集まって、オフラインで勉強会を開くのも可能(初めて開催する場合は事前に僕に連絡をいただけたらと思います)

学習教材には、このサイトで用意している「【学習コンテンツ】Web開発」を使います。

【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めることで、Webのフロントエンドとバックエンドのスキルを身につけていくことができます。

プログラミングスクールとの比較

プログラミングスクールに通う場合は1ヶ月で10万円以上するところも多いですし、3ヶ月で50万円、更には100万円するところもあります。

プログラミングスクールの値段が高い理由は、「プログラミングスクールで働いている人の人件費」「就職のサポート」なども含まれているからです。

10万円50万円100万円」のいずれの場合も、自己投資とはいえ、支払うのにはだいぶ勇気がいる金額かと思います。

オススメの学習方法

個人的にオススメするのは、プログラミングのできるメンター(師匠)を見つけて、まずは1ヶ月プログラミング学習をしてみて、自分にプログラミングが向いているかどうか確かめてみることです。

10万円50万円100万円」を払って、学習していく中で「やっぱり自分にはプログラミングは向いてない」と判断した場合、その金額はかなりの痛手となります。

そのため、まずは「これくらいの金額なら最悪失っても痛くないな」の値段で教えてくれるメンターを見つけて、そのメンターに色々と質問をしてみましょう。

それで、「良さそうだな」と思ったら教えてもらうといった流れで学習を始めると、金額もだいぶ節約できます。

注意点

ただし、参加者が増えてきたら、1人1人へのサポートの質を維持するのが難しくなるので、値上げする可能性もあります。

値上げする理由は次の以下の理由となります。

  • 値段を上げて参加ハードルをあげることで、自己解決スキルも身につけたいと考えている学習意欲の高い人だけが参加するようになる
    • 調べたらすぐにわかることを、自分で調べずに何でもかんでも質問すると、自己解決スキルも身につかない
    • 更に、他のメンティーさんの対応する時間が取れなくなりサポートの質の低下にも繋がる

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です