JavaScript

【JavaScript】まだ for ループで消耗してるの?

【JavaScript】まだ forループで消耗してるの?

どこかで聞いたことあるようなタイトルで煽ってすいません^^;
でも誇張ではありません。

配列の中を繰り返すとき次のように長いfor文を書いて消耗していないでしょうか?

配列の操作を行うコードはサービス開発でもよく出てきます。

長い「for」の1行目を毎回書いていると、次のようなデメリットがあります。

for のデメリット
  • タイピング数が多い
  • let(var)のつけ忘れによるバグ
  • 範囲指定のミスによるバグ(「<」or 「<=」)

今回の記事では上記3つを解消するために便利なArrayメソッド3つ紹介とプロトタイプチェーンについて解説します。

今回紹介する2つのメソッド
  1. forEach
  2. map
  3. filter
  • 「メソッド」は「関数」ほぼ同じ意味

厳密に言うと、メソッドはオブジェクトが持っている関数のことで、今回の場合は配列(Array)がオブジェクトとなります。

配列の代表的なメソッドに「push」や「pop」があります。

ここまでの説明を読んでいただいた方の中には次のように思われている方もいるのではないでしょうか?

プログラミング初心者
プログラミング初心者

新しいこと覚えなくても「for」でループ処理が出来るなら十分じゃない?

JavaScript初心者
JavaScript初心者

ただでさえ覚えること多いのに、「for」で出来ることを別のやり方で覚える必要あるの?

答えから言うと「forだけでも問題ない」です。

ただ、forEachmap、filterを使えるようになることで次のようなメリットがあります。

メリット
  • タイピング量が減りバグの可能性を減らすことが出来る
  • コールバック関数(高階関数)に慣れる
  • プロトタイプチェーンを使ったプログラミングが出来るようになる

プログラミングの表現の幅が広がり、それがプログラミングスキル上達に繋がります。

「プロトタイプチェーン」については現段階では「プログラミングを楽にする書き方」と覚えていただければ大丈夫です。

今回のサンプルコードで、「プロトタイプチェーンってこんな便利なのか!」と思っていただけるはずです。

「コールバック関数(高階関数)」に関しては以前書いた以下の記事にまとめているので、そちらを参考にしていただけたらと思います。

今回の記事内容
  1. 開発が捗るArrayメソッド3選
  2. 必殺技「プロトタイプチェーン」

開発が捗るArrayメソッド3選

プログラミングをする子ども

今回は冒頭でも紹介した以下3つのArrayメソッドの使い方を解説します。

今回紹介する2つのメソッド
  1. forEach
  2. map
  3. filter

これら3つのメソッドは引数にコールバック関数を受け取るので、コールバック関数についてまだ理解していないという方は以下の記事を一度読んで頂くこのあとの解説の理解が深まるかと思います。

forEach

まずはforEachの説明からします。forEachがやることはforループがやることと基本同じですが、以下の点がforと異なります。

forとforEachの違い
  • forはループの開始の値の定義と終了の条件を記入する必要があるが、forEachは必要ない
  • forはインクリメント(++)を使って開始時の値を増やしていくが、forEachは必要ない

上記2つの内容を読んでいただくとわかるかと思いますが、forEachはforでやらなければいけないことを色々と省略できるのです。

では実際にサンプルコードを使ってforを使ったコードとforEachを使ったコードの比較をしていきます。

forを使った場合

forEachを使った場合

forEachでは開始時の値やループ条件を書かなくても良くなり、なおかつ配列のループを最初から最後まで必ず実行することが保証されます。

forを使って開始と終了の条件を自分で書くやり方の場合は、「開始時の値のミスやlet(var)の記述漏れ」、「終了条件の実装ミス」など入力ミスの可能性が出てきます。

そんな簡単なミスはしないと思われるかもしれませんが、人間はミスをする生き物であるため、こういった簡単なミスもすることもあります。

簡単なミスの可能性もなくすために「コード量」を少なくする意識が必要になってきます。

「forEach」や、このあと紹介する、「map」と「filter」はコード量を少なくするための手段の1つになります。

それでは残り2つのArrayメソッドも見ていきましょう。

map

「map」メソッドは配列の中身を加工して別の配列を作りたい時に便利です。

言葉で説明するだけだと理解が難しいので次のサンプルコードで、forとmapの比較をします。

forを使った場合

mapを使った場合

上に書いたforとmapを使ったサンプルコードを比較してどう思われたでしょうか?

特にmapの最後の1行を見て「たったの1行で書けるの?」って思われた方もいるかも知れません。

先程紹介した「forEach」ではforループと同じことをやるだけでしたが、「map」を使うと「forループ」+「新しい配列を作る」の2つの機能が1つのメソッドで実現できます。

filter

次に「filter」を見ていきましょう。

filterで行うことはエクセルのフィルタと同じように、条件にあったものだけを抽出する機能です。

では早速サンプルコードを使って比較します。
(「5より大きい値」だけを抽出してます。)

forを使った場合

filterを使った場合

forを使ったコードを見るとループの中でifを使って条件分岐が必要となりコードがだいぶ長くなってしまいました。

それに比べてfilterを使ったコードを見ると「map」と同じようにコード量が一気に少なくなります。

必殺技「プロトタイプチェーン」

ここまで「forEach」「map」「filter」を説明してきましたが、実は「map」「filter」のように新しい配列を返すメソッドには「プロトタイプチェーン」と言われる必殺技が使えます。
※forEachはループをするだけで配列を返さないので注意が必要です。

プロトタイプチェーンを使ったサンプルコード

プロトタイプチェーンとは冒頭でも簡単に説明しましたが、「プログラミングを楽にする書き方」です。

プロトタイプチェーンについてもっと詳しく知りたいよー!」という方は以下の記事が参考にすると概念が学べるかと思います。

次のサンプルコードで感覚的に「便利だ!」「使ってみたい!」と思っていただけるのと思うので、その状態で先程の記事を読むと理解が深まるかと思います。

では早速必殺技「プロトタイプチェーン」を使ったサンプルコードをforを使ったやり方と比較して見てみましょう。

forを使った場合

プロトタイプチェーンを使った場合

プロトタイプチェーンを使ったサンプルコード内では「filter(…).map(…)」のように、「filter」と「map」をつなげて書くことが出来ました。

この「つなげて書く」というのが「チェーンのようにつながる」という意味で「プロトタイプチェーン」といいます。

プロトタイプとは何かにつきましては先程の、「図で理解するJavaScriptのプロトタイプチェーン」を参考にすると良いかと思いますが簡単に説明しますと、

JavaScriptの全てオブジェクトは「prototype(プロトタイプ)」という値を所持していて、そのプロトタイプにメソッドがぶら下がっているイメージになります。

冒頭でメソッドについて説明しましたがさらに厳密にいうと次のようになります。

冒頭での説明:

厳密に言うと、メソッドはオブジェクトが持っている関数のことで、今回の場合は配列(Array)がオブジェクトとなります。

厳密に言うと、メソッドはオブジェクトが持っている「プロトタイプ」にひもづく関数のことで、今回の場合は配列(Array)がオブジェクトとなります。

その証拠に「MDNのmapメソッド」のドキュメントのタイトルを見ると「Array.prototype.map()」と書かれています。

なぜつなげて書くことができるのか

まずはMDNの「map」と「filter」のドキュメントの戻り値(返り値)の説明を引用します。

map

与えられた関数を配列のすべての要素に対して呼び出し、その結果からなる新しい配列

filter

テスト関数をパスした要素からなる新しい配列です。一つの要素もパスしなかった場合は、空の配列が返されます。

まとめると次のようになります。

  • mapもfilterも「新しい配列」を戻り値として返す
  • mapもfilterも配列(Array)のメソッドの1つ

つまりArray(配列)を戻り値と返すので、その戻り値(Array)に対してArrayメソッドを呼び出すことが可能なのです。

極端にいうと、次のように「map→map→map→map→…」と永遠につないで書くことも可能です。(厳密にはコンピューターの資源が許す限りなので永遠ではないのですが^^;)

しかし、このようにプロトタイプチェーンを使って書くとコード量が一気に減るというのが分かっていただけたかと思います。

まとめ

今回は「for」の代わりに使える便利なArrayメソッドについて説明しました。

そしてArrayメソッドの一例として「forEach」「map」「filter」の3つの使い方もサンプルコードを使って解説しました。

今回紹介した3つのメソッド以外にも便利なArrayメソッドがたくさんあるので、一度確認してみると「これは使えそう!」というメソッドに出会えるかもしれません。

コールバック関数を覚える練習にもなるので、配列を操作することがある際は積極的にArrayメソッドを使ってみてはいかがでしょうか^^

【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTA にて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、主に「【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めていただきます。

あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Web白熱教室の学習コンテンツをメインに、指定した教材を使って学習する (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)
  7. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)

1日1回カフェでコーヒー1杯頼むくらいの金額で参加できます

1日1回、カフェでコーヒー1杯分くらいの値段(約330円)」で以下の環境が手に入るとイメージして頂けたらと思います。

  1. コードを添削してもらえる
  2. 学習したことのアウトプットに対してフィードバックしてもらえる
  3. いつでも質問出来る
  4. 週1のオンライン講義に参加できる
  5. 過去のオンライン講義動画を好きな時間に復習できる(いつでも閲覧可能)
  6. 不定期で行うオフラインでの勉強会に参加できる(僕自身が東京住みのため、東京・もしくは東京近郊で開催します)
  7. 自分の住まいの近場のメンティーさん同士で集まって、オフラインで勉強会を開くのも可能(初めて開催する場合は事前に僕に連絡をいただけたらと思います)

学習教材には、このサイトで用意している「【学習コンテンツ】Web開発」を使います。

【学習コンテンツ】Web開発」を使って学習を進めることで、Webのフロントエンドとバックエンドのスキルを身につけていくことができます。

プログラミングスクールとの比較

プログラミングスクールに通う場合は1ヶ月で10万円以上するところも多いですし、3ヶ月で50万円、更には100万円するところもあります。

プログラミングスクールの値段が高い理由は、「プログラミングスクールで働いている人の人件費」「就職のサポート」なども含まれているからです。

10万円50万円100万円」のいずれの場合も、自己投資とはいえ、支払うのにはだいぶ勇気がいる金額かと思います。

オススメの学習方法

個人的にオススメするのは、プログラミングのできるメンター(師匠)を見つけて、まずは1ヶ月プログラミング学習をしてみて、自分にプログラミングが向いているかどうか確かめてみることです。

10万円50万円100万円」を払って、学習していく中で「やっぱり自分にはプログラミングは向いてない」と判断した場合、その金額はかなりの痛手となります。

そのため、まずは「これくらいの金額なら最悪失っても痛くないな」の値段で教えてくれるメンターを見つけて、そのメンターに色々と質問をしてみましょう。

それで、「良さそうだな」と思ったら教えてもらうといった流れで学習を始めると、金額もだいぶ節約できます。

注意点

ただし、参加者が増えてきたら、1人1人へのサポートの質を維持するのが難しくなるので、値上げする可能性もあります。

値上げする理由は次の以下の理由となります。

  • 値段を上げて参加ハードルをあげることで、自己解決スキルも身につけたいと考えている学習意欲の高い人だけが参加するようになる
    • 調べたらすぐにわかることを、自分で調べずに何でもかんでも質問すると、自己解決スキルも身につかない
    • 更に、他のメンティーさんの対応する時間が取れなくなりサポートの質の低下にも繋がる

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です