エンジニア駆け出し

コーディング始めるならまずはコレ!開発用エディタをインストール

コーディング始めるならまずはコレ!開発用エディタをインストール

今回は、最低限用意しておくべき開発環境のお話をします。

  • 開発環境について勉強したい
  • どうして学び始めのときから開発環境を用意しなくてはいけないのかわからない

上記のようなことを考えている方に向けて書いていきます。

この記事を書こうと思ったきっかけ

これからプログラミングを勉強しようと思っているのですが何を勉強すれば良いですか?

プログラミングの相談を受けてるとこのような質問をされます。

基本的には質問者のやりたいことや、将来的にエンジニアでバリバリ働きたいのか、技術の話も出来るディレクターになりたいのかで伝える内容は変わってくるのですが、

どちらの場合でも共通して言えるのが最低限の「開発環境」を整えましょうということです。

最低限の開発環境というのは「開発用のエディタ」を用意することです。

開発用のエディタを用意するメリットについては以前に書いた以下の記事にまとめているので、そちらも合わせて参考にしてもらえたらと思います。

参考になる資料も交えながら以下の内容で話を進めていきます。

本記事の内容
  1. これから開発用エディタを用意するなら「Visual Studio Code」一択
  2. メモ帳とVS Codeの比較

これから開発用エディタを用意するなら「Visual Studio Code」一択

エンジニア志望の人も、最低限簡単なHTML・CSSは理解したい非エンジニアの方にも言えることは、

コードを書く!

これに尽きます。

パソコンに最初から入っているメモ帳的なソフトでもコードを書くことは出来ますが、これは圧倒的に非効率なのでやめておきましょう。

Visual Studio Codeとは

Visual Studio Code(以降VS Code)はMicrosoftが提供している無料の開発用エディタです。

インストールは「こちら」のページから可能です。

Windows,・Mac・ Linuxとそれぞれの環境に合わせてインストールが可能なのでお使いのパソコン環境に合わせてインストールしましょう。

インストール方法や使い方に関しては以下のページで丁寧に画像つきで説明してくれているので参考になるかと思います。

機能がたくさんあるので最初はどのように使えば良いか迷うかもしれませんが、

基本的に「ファイル(ディレクトリ)を作成する」、「ファイルを編集する」、「ファイルを保存する」の3つだけ知っておけば問題ありません。

実際に次の章で同じサンプルコードを「VS Code」で書いた場合と「メモ帳」で書いたときの様子をスクリーンショットを交えながら紹介していきます。

メモ帳とVS Codeの比較

vscodeでhtmlを書いた場合vscodeでhtmlを書いた場合
メモ帳でhtmlを書いた場合メモ帳でhtmlを書いた場合

左側が、「VS Code」を使ってHTMLを書いたときの様子で、右側が「メモ帳」を使ってHTMLを書いたときの様子です。

VS Codeを使った場合だと、文字を入力した段階で入力候補が一覧で表示されて全てを打ち込む必要はありません。

また、VS Codeのアニメーション画像を確認してもらえたらわかると思いますが、「html:5」というのを選択したらHTMLのひな形が一気に作られました。

これだけではなく他にも「h1」を選択しただけで「<h1></h1>」のようにタグの組み合わせを自動で追加してくれるのも地味にとても便利です。

このような機能がない場合は「<, h, 1, >, <, /, h, 1, >」と9回タイピングする必要がありませうが、

この機能を使うことで「h,1,エンターキー」の3回で済みタイピング数が3分の1に減らせるのです。

タイピング数の比較
VS Codeのタイピング数 メモ帳のタイピング数
33 100
333 1000
3333 10000

上記はあくまでも参考値になりますが、これを見るとメモ帳でコードを書くのがいかに大変化が分かっていただけるかと思います。

ちなみに「メモ帳」のアニメーション画像では1文字1文字タイピングするのが苦痛になり途中で「<head…」で入力をやめましたw

まとめ

先程のVS Codeとメモ帳の比較をしたアニメーション画像を観ていただいて、メモ帳を使ってコーディングするのがイヤだなと感じた人も多いのではないでしょうか?

出来るだけコーディングの学習する際はタイピングを頑張るのではなく、コードの学習そのものを頑張りたいですよね。

これからHTML、CSS、プログラミングを勉強しようとしていて開発用エディタをまだ使っていなければさっそく「Visual Studio Code」をして効率よく学んでいきましょう^^

【やる気満々な方向け】学習サポートとオンライン講義やってます!

Webエンジニアになりたい人向けに、MENTAにて『【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』というプランを用意しております。

このプランでは、「【学習コンテンツ】Web開発」と「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材を使って学習を進めていただきます。

【学習コンテンツ】Web開発」に用意している学習コンテンツのスライドも「【初心者向け】The Web Developer Bootcamp」で紹介している教材をベースに作っています。

あわせて読みたい
【初心者向け】The Web Developer Bootcampはじめに 「The Web Developer Bootcamp」はWeb白熱教室の「学習コンテンツ」のベースとなっている教材です。 ...
あわせて読みたい
Web開発Webエンジニアになるために必要な知識・スキルを学習できるコンテンツを用意しました。未経験者でも、①開発環境の準備、②Webの基本的な仕組み、③HTML、④CSS、⑤JavaScriptと順を追って学習することでスキルが身につくことを目的に教材を作成しています。...

誰向けのプラン?

こちらのプランは次のような方に向けて作られています。

プラン対象者
  1. Progateやドットインストールで一通り学習したけど、次に何をすればよいかわからない
  2. Webエンジニアになるまでの学習プランがあると助かる
  3. 学習していてわからないところが出てきたときに質問したい
  4. コードレビューして欲しい
  5. オンライン講義に参加したい
  6. 学習した内容をアウトプットした際に、フィードバックがもらえたら嬉しい
  7. おすすめの学習教材を知りたい
  8. Webフロントエンド・バックエンドを学習したい
  9. フルスタックエンジニアになりたい
  10. 文系出身で今までプログラミングをしてこなかったけど、将来Webエンジニアになりたい
  11. 将来フリーランスになることを目指している

プラン内容は?

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース』では次のことを行っております。

プラン内容
  1. Udemyの教材や、Web白熱教室の学習コンテンツを使った学習プランの提示 (学習プランに沿って学習を進めていただきます。)
  2. 教材・学習コンテンツの課題をこなしたあとは、僕にコードレビュー依頼を投げていただくことで、コードを添削する(課題クリア後は、引き続き学習プランの内容を続けていただきます。)
  3. プラン契約者が参加するSlackグループにて質問し放題
  4. Slack内にある「アウトプットの場」チャンネルにて、学習したことをアウトプットをしていただくことで、それに対しフィードバックをする (学習内容のアウトプットは復習にもなるため、アウトプットすることを強く推奨します。)
  5. 画面共有を使ったオンライン講義 (オンライン講義は録画して、いつでもふり返れるようにしています。(オンライン講義動画(ウェビナー動画)))
  6. 学習プラン以外の内容に対しての質疑応答 (内容によっては回答できないものもありますが、まずは気軽に質問していただけたらと思います。)

その他注意点

1人で対応していることもあるため、対応が難しくなった場合は急遽募集を終了する可能性もあることをご了承ください。

もしくは、僕以外にメンターを増やすことで募集を継続するということも考えているため、その場合は現在のプラン料金の値段を上げることなると思います。

仮にプラン料金を上げる場合は、『現在のプラン料金 × メンター人数』の料金になるかと思います。

現在の値段が5000円なので、1日1本ペットボトルジュースを買うのを我慢することで(約160円)、効率よく学習できるので費用対効果はかなり高いかなと自負しています。

また、今後メンターが増えて、プラン料金が10000円15000円と上がったとしても、月々の料金は申し込んだときの料金となるので、5000円のときに契約した場合はずっと5000円で受講することができます。

詳しく話を聞いてみたい方は

以下のいずれかでメッセージをいただけたらと思います^^

 

プラン内容については以下のリンク先からも確認することが出来ます^^

【やる気満々な方向け】未経験からのWebエンジニア育成コース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です